Posted on 01/26/2020 at 15:50, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『主にある出会い』(イエス・キリストの生涯 その93)(2020.1.26)

そこで、アクラというポント生まれのユダヤ人および妻プリスキラに出会った。 (使徒の働き18章2節)

■ はじめに…先週は「長谷川式」と呼ばれる早期の認知症診断の検査指標となるテストを開発した長谷川和夫医師(90)を取り上げました。認知症医療・研究の第一人者自身が認知症になり、当事者となったときに、ノートにしたためたのは、Where are you?  Where am I?  Where is Mizuko? (あなたはどこにいるのか わたしはどこにいるのか 瑞子はどこにいるのか)でした。「Where are you? あなたはどこにいるのか」 は、アダムとエバが、食べてはいけないと禁じられていた善悪の知識の木の実を食べ、創造の父なる神から隠れた際、主ご自身が人間に対して呼びかけられたことばです(創世記3章9節)。つまり霊的な関係が切れた人間を見捨てず、見放さないで探し求める主の揺るぎない愛のことばです。

■ あなたとともにいる…その主の愛の表現であることばが身体を伴った、すなわち「ことばが人となった」(ヨハネ1章14節)のがイエス様ですが、その名は“インマヌエル”(神は私たちとともにおられる)と呼ばれる、そうマリヤに主の使いが語りました。同様に、迫害の続く中、宣教旅行を続けるパウロに、主は幻を通して「わたしがあなたとともにいる」(1コリント18章9節)と告げられました。

■ 出会いの祝福…目の前の現実がいかに厳しいものであっても、主からの語りかけ、みことばが私たちの確信になります。人生を生き抜く力の源です。また、ともにおられる主は、具体的な出会いの祝福も備えてくださいます。出会いを通してキリストの体を造り上げてくださいます。

■ アクラとプリスキラ…コリントにおけるアクラとプリスキラとの出会いは、パウロにとって大きな祝福でした。それぞれ主に忠実に仕えるなかで追い出されるようにしてたどり着いたコリントの地でした。同じような境遇にある者同士を主が結び合わせてくださり、ともにいてくださるイエス様の存在を、身をもって体験しつつ、さらに、境遇を超えていのちのみことばを分かち合っていく関係を深め、広げる基礎にしてくださる出会いでした(ローマ16章3-4節)。

■ 結び…私たちを探し出し、ともにいて、さらに豊かな出会いの祝福を与えてくださる主が、今日も皆さんを揺るぎない愛で愛してくださっています。主の恵みと平安が皆さんの上に豊かにありますように(1コリント1章3節他)。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ