Posted on 05/10/2020 at 09:56, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『みことばの経済』(イエス・キリストの生涯 その107)(2020.5.10)

すなわち神は、世界の基が据えられる前から、この方にあって私たちを選び、御前に聖なる、傷のない者にしようとされたのです。(エペソ人への手紙1章4節)(聖書 新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会)

  • はじめに…車を運転するときには、事故を起こさないように前後左右の安全を確認することはもちろんですが、ふと目を上げて空を見ることがあります(脇見ではありません)。美しい夕焼けだったり、オレンジ色の満月だったりします。先日はきれいな虹が掛かっていました。そんなとき、自分の心の眼の視野が狭くなっていることに気づかされます。目の前の現実、しかも非常に偏った見方をしているのではないかと思わされます。もっと大切な視点があるのだと語りかけられているような感じがします。
  • エペソ人への手紙…前回も触れましたがローマ幽閉中にパウロは「獄中書簡」(エペソ書、ピリピ書、コロサイ書、ピレモン書)をしたためました。その中で最初に書かれたのが「エペソ人への手紙」です。比較的自由な環境であったようですが、やはり捕らわれの身。行動は制限され、ほぼ自費で借りた家にとどまっていたことでしょう。しかしパウロの霊は天に向かって開かれ、この地上、この世界にとどまらず、揺るぎない“神の意志”“神の計画(経綸)”を明確に意識するようになっていました。つまり啓示を受けていたのです。
  • みことばの経済…神の計画(経綸)、それは神の愛(みことば)の経済の成就です。お金で回る経済ではなく、みことばによって回る経済です。それは全世界、もっと言えば全宇宙規模の経済です。キリストにある平和(の福音)が隔ての壁を打ち壊し、みことばがユダヤ人だけでなく異邦人にも届けられ(エペソ2章14節)、みことばの経済が神の(国)の家族を作り上げるのです(同19節)。家族の長は父なる神です。イエス様はその父なる神の子です。そして私たち一人ひとりは、神の子なるイエス様に結ばれた(あがなわれた)兄弟姉妹です。このことが、天地が創造される以前に、愛なる神のご計画の中に落とし込まれているのだと、パウロは確信をもってエペソの人々に伝えたのです。神の愛(みことば)の経済は永遠です。イザヤも預言しました。「草は枯れ。花はしぼむ。だが、私たちの神のことばは永遠に立つ」(イザヤ40章8節)。イエス様も語られました。「空の鳥、野の花を見なさい。天の父はあなたがたの必要は知っておられます」(マタイ6章19-34節参照)。
  • 結び…今日、そして一日一日、聖霊の力で私たちの内なる人を強くし、恵みによる信仰によってイエス様が心のうちに住んでくださり、人知をはるかに越えたキリストの愛を知り、神ご自身の満ち満ちたさまにまで、皆さん一人ひとりが満たされるよう、祈ります(エペソ3章14-21節参照)。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ