Posted on 08/30/2020 at 18:13, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『私たちの生きがい』(イエス・キリストの生涯 その123)(2020.8.30)

私たちの兄弟であり、キリストの福音において神の同労者であるテモテを遣わしたのです。それは、あなたがたの信仰についてあなたがたを強め励まし、このような苦難の中にあっても、動揺する者がひとりもないようにするためでした。(テサロニケ人への手紙第1 3章2-3a節)(聖書 新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会)

  • はじめに…アメリカのウィスコンシン州で黒人の男性が警察官に背後から撃たれたことに対する抗議のため、一旦ボイコットを表明したテニスのツアー大会の準決勝に、大坂なおみ選手が28日、人種差別への抗議を表す「黒人の命は大切(Black Lives Matter)」という意味が書かれたTシャツを着て臨みました。黒人差別や障がい者差別、そしてコロナ罹患者への偏見、さらに信仰者に対する迫害と、憎悪の連鎖がこの世に、私たちの身近なところに存在し続けています。私たちの心の中にも巣食っていると言わざるを得ません。しかし主は、すべてご存じで、そんな私たちを見捨てず、愛を貫き、導いてくださいます。
  • 強め励まし…今日のみことばの“強め”という言葉は、ルカによる福音書9章51、52a節「さて、天に上げられる日が近づいて来たころ、イエスは、エルサレムに行こうとして御顔をまっすぐ向けられ、ご自分の前に使いを出された」の御顔を“まっすぐ向けられ”と同じギリシア原語です。これはイエスと弟子たちがガリラヤからエルサレムに向かう旅の始まりのみことばです。つまりサマリヤを北から南にまっすぐ縦断する旅、すなわち、否が応でもユダヤ人、サマリヤ人双方にとっての憎悪の対象、宿敵の相手と関わる旅です。イエス様はその試練の場に分け入って、十字架に向かってまっすぐ弟子たちを伴って歩んで行かれたのです。
  • ヤコブとヨハネ…サマリヤの町を通るにあたって、イエス様は先に弟子のヤコブとヨハネらを使いに遣わしました。当然、サマリヤ人はイエス様一行を拒否しました。それに対してヤコブとヨハネは「焼き滅ぼしましょうか」(ルカ福音書9章54節)とイエス様に進言しています。ユダヤ人としての純潔を汚したサマリヤ人に対する歴史的な憎悪の感情が支配している弟子たちを、イエス様は「戒められた」(同55節)とみことばは伝えています。そして行く先々で「平安があるように」(ルカ福音書10章5節)と祝福を宣言するように勧めています。
  • 結び…行き過ぎた義憤に囚われず、また、人におもねることなく、出会う人々の平安を祈る、イエス様のいのちのみことばを人生の軸に生きる一人ひとりであるよう祈ります。

《追記》

zoom参加を希望される方は10時20分-30分の間に

ミーティングID:448 912 8953

パスワード:FA6MmH

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝参加時はマイクをミュートにすることをおすすめします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があります)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ