Posted on 09/06/2020 at 19:28, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『落ち着いて日常を過ごす』(イエス・キリストの生涯 その124)(2020.9.6)

次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。(テサロニケ人への手紙第1 4章17節)

  • はじめに…コロナ禍で、私たちがそれぞれにコロナ以前に計画していたことは中止や変更になり、世界の在り様も激しく変化をしています。そして先の見通しの立たたない、いわゆる“カオス”の様相を呈しています。しかし、先が見通せなくても、どんなに世界が変わっても、決して変わらないものがあります。主のみことばです。主の約束です(①ペテロ1章25節)。その主の約束のみことばとして、今日のテキストは“携挙”“再臨”について告げています。
  • 携挙…昨日、名古屋は抜けるような青空に白く輝く入道雲が絵にかいたように湧き上がっていました。その雲を眺めていると、あたかも自分が雲の中にいるかのような感じになりました。それは私の主観的な感覚ですが、携挙は実際に私たちが一瞬にして(たちまち)空中に引き上げられ、主と会う出来事です。これは主の約束です。これは花婿なるイエス様が約束通り、天に住まいを備えて後、花嫁なる信徒を迎えに来る出来事です(ヨハネ福音書14章1-3節参照)
  • 再臨…この携挙の出来事が第1回の再臨です。「空中再臨」です。この再臨の後、いわゆる「大患難時代」が地上に起こります。再臨は2度あります。第2回の再臨は、「地上再臨」と言われるもので、大患難時代の後、再びイエス様が地上に王として再臨され、「千年王国」を治められます(黙示録20章)。そして新天新地、新しいエルサレムの時代が到来します(黙示録21-22章)。これは主の約束です。
  • 日常を生きる…主の約束は変わることがありません。ですから不安を感じたり焦ったり、あるいは無為に時を過ごすことはまったくなく、主の約束を信じ、委ね、安心して落ち着いて日常を過ごすようにと、パウロはテサロニケの人々、そして私たちに勧めています(①テサロニケ4章11節)。キリスト者としての私たちの日常は「祈り」と日々の「働き」です。ラテン語でキリスト教的な格言があります。「オラ― エト ラボーラ/祈れ そして 働け」(時計の文字版にO-R-A-E-T-L-A-Bと記されている図をイメージしてみてください)。携挙、再臨がいつ、どんなときとかは私たち人間には知る由はないのです。自分の死ぬ時も分からないのです。しかし必ずその時は来るのと同様です。
  • 結び…携挙、再臨、新天新地は主の確かな約束です。そしてそれはすでに来つつあるのです。信頼と希望を抱いて日常を生きる者は幸いです。

《追記》

zoom参加を希望される方は10時20分-30分の間に

ミーティングID:448 912 8953

パスワード:FA6MmH

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝参加時はマイクをミュートにすることをおすすめします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があります)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ