Posted on 10/18/2020 at 18:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『すべての人のために』(イエス・キリストの生涯 その130)(2020.10.18)

キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました。これが時至ってなされたあかしなのです。(テモテへの手紙第1 2章6節

  • はじめに…私の勤めるデイサービスの利用者さんで写真が趣味の方があり、定期的にご自身で撮った写真パネルを持ってきて展示しています。素晴らしい写真で、被写体から躍動するいのち、音、香り、時の流れ、メッセージが伝わって来ます。写真の力は凄いと思います。先週、家内と二人で久々に映画を観にいきました。『浅田家』というタイトルで、家族の絆をテーマにした映画でした。幼い頃、誕生日プレゼントにカメラを父から譲り受け、写真が好きになった政志。写真専門学校を何とか卒業した後、苦悶の末、一念発起し上京。しばらくして賞を受賞。その後、日本中の家族から撮影依頼を受け、写真家としてようやく軌道に乗り始めたとき、東日本大震災が。写真を一枚一枚洗って、家族の元に返すボランティア活動をする中、一人の津波で父を失った少女が現れる。「私も家族写真を撮って欲しい」
  • 祈りの勧め…テモテへの手紙は、パウロが教会の若き指導者であったテモテに、牧会上の指示、助言、励ましを与えるために書いた手紙で「牧会書簡」と呼ばれています。今日のテキストは、イエス様が神と人との交わりを回復する仲介者となられたことを明らかにし、その上で教会における男性、女性それぞれの特性に適った振る舞いの指示を与えています。
  • 祈りと慎み…1節で「すべての人のために(…)願い、祈り、とりなし、感謝」せよと勧められています。祈りと願いは自分のためにするものではなく、他者、さらには迫害者のために主に祈るのです(マタイ5章44節参照)。なんとなれば4節に述べられているように神が「すべての人が救われて、真理を知る」ことを望んでおられるゆえです。真理はイエス様です(ヨハネ14章6節)。神様は善なるゆえに世界を創造され、善なるゆえに一人も取り残すことなく救おうと計画しているのです(同上)。その救いの方法はすべての人の贖いの代価としての独り子イエス様を世に遣わすことでした(第一テモテ2章6節)。キリスト者には「力と愛と慎みの霊」、すなわち聖霊が与えられています(第二テモテ1章7節)。聖霊の導きに従うことは苦しみの伴うことが多いですが、耐え忍ぶとき、霊の子どもが与えられ、祝福を受けます(第一テモテ2章15節)。その“あかし”のために信仰と真理を教える使徒に任じられた、そうパウロは語っています(同7節)

結び…イエス様をこの世に遣わし、そして聖霊を遣わし、すべての人を救ってくださる全能の父なる神様に感謝を捧げる日々であるよう祈ります。

《追記》

zoom参加を希望される方は10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除をします)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ