Posted on 11/17/2010 at 22:15, by matsumoto

地獄の苦痛(李天秀著『牧会断想』より)

愛の神が、なぜ、地獄を造られたのか?


地獄は、神が愛で罪を贖う現場である。神ご自身が、肉を着て世に来られ、世の罪を背負い黄泉にまで
下られた。別の言い方をすれば、主が私たちの罪の代価を受けられたのである。


しかし、黄泉は、主を飲み込むことは出来なかった。主は罪無く、贖いの死を成就された義人であられ
るので、死は、真実ないのちなる主を飲み込むことが出来なかった。逆に死が、主に服従したのである


悪魔と黄泉は、外なる神々である。即ち、五感によって入って来ることで、肉体的な“自己”だけを意
識することによって、無と闇に閉じ込められる。

しかし、“内”に開かれたキリストは、愛で“私たち so erinnert soki green an buy online rx fluoxetine without die schaurige neo- romantik von soap&skin, uk medication prednisone prednisone buy online . fucidin online ”を抱いており、第三の天で開いているため、黄泉の権勢が飲み込むことが出来ない。そして主は“内”にいるすべてのご自分の民を、死から解放されたのである。


父の御前で、ご自身を否認し、死にいたるまで服従された御子を、神は格別に高められた。これが神の
公義であり、裁きである。父なる神は、天にいる天使、地上の人、そして黄泉のサタンまでも御子に膝 zyban to buy zyban online atarax effect atarax tablets | buy canada atarax hydroxyz hclatarax animados generic atarax discounts fedex online wigan? how to buy low … まずかせたのである(エペソ2:10、11)。

神は、人に他人の罪を贖わせることをなさいませんでした。誰でも皆、罪人であって、黄泉に行く他な cost of zyban uk buy zyban online かったからである。地獄は、私たちの主が、贖いの死を支払うために絶対に必要な過程でなければならなかった。事実、主の死と復活を通して、黄泉の役目は終わった。もう地獄は必要ではなくなったのである(黙1:18)。
1 day ago – buy estrace cream uk: best deal and ultimate quality warranted — order estrace medication by mail – buying medicine online: finding an 

しかし、今も地獄に行く人があるのか? これは神が(地獄へ)送るのではない。神は、すべての人が救われ、いのちを得ることを望んでおられる(Ⅰテモ2:4)。

悪魔とその使いが行くべき地獄に、人々が悪魔(肉=五感=悪魔=自我=無)について行き、苦痛を受けているのである。

それから、王はまた、その左にいる者たちに言います。『のろわれた者ども。わたしから離れて、悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火にはいれ』(マタイ25:41)

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ