Posted on 01/31/2021 at 20:21, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『使徒信条(その8)』(イエス・キリストの生涯 その145)(2021.1.31)

天に昇り、全能の父なる神の右に坐したまえり。(マルコ16章19節、使徒1章9節、エペソ1章20節、へブル1章3節、詩篇110篇1節他参照)

  • はじめに…一向に終息の気配の見えないコロナ禍の中で、一体、どれだけの人が翻弄され、疲れ果てていることでしょうか。様々な情報から想像するだけで途方に暮れてしまいます。何とかして今、助けを必要としているすべての人に、救いの手が届かないものでしょうか。まずは小さな事に忠実に、そして心を込めて目の前の課題に取り組んでいきたいと思います。
  • 天に昇り…先週、一粒の麦として死なれたイエス様が、初穂として復活された後、人類史上最初に発したことばは「なぜ泣いているのですか。だれを捜しているのですか。マリヤ」と、マグダラのマリヤに優しく語りかけられたみことば (ヨハネ福音書20章15、16節)だったことを学びました。その復活のイエス様は40日後に昇天されました(使徒の働き1章3節)。この地上から去って天へ行ってしまわれたのです。“世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいる”(マタイ28章20節) と言った約束のみことばは反故になってしまったのでしょうか。
  • 父なる神の右に…イエス様はこのようにもおっしゃいました。「わたしは世を去って父のみもとに行きます(…)わたしはすでに世に勝ったのです」(ヨハネ福音書16章28、33節)。昨今も良く耳にする言葉で言えばイエス様の働きが“次のフェーズに移った”ということです。父なる神の右の座での働きは、①天上の大祭司としてのとりなし(ローマ8章34節)②王の王の支配として永遠の居場所の備え、携挙の準備(ヨハネ14章2節)③真理なる預言者としての聖霊の派遣(ヨハネ14章16、26節、同16章7節)によって、私たちを祝福と恵みで満たしてくださる働きです(エペソ1章3節、2章6、7節)
  • キリストのからだ…父なる神は、イエス様をご自身の右の座に引き上げられ、すべての名の上に高く置かれました(エペソ1章21節)。イエス様は教会のかしらであり、教会はそのからだです。からだなる教会は御霊によって神の家族として成長します。御霊の賜物(ギフト)を互いに用い、ともに祈り、ともにいたわり合います。「私には聖霊の賜物は何もない」と思う方もあるかも知れません。しかし主は“主の御名”というギフトをもれなく下さっています(ヨハネ16章24節)
  • 結び…十字架、復活、陰府降り、昇天。神様はすべてのことを働かせて益としてくださいます。何ものもイエス様の愛から、私たちを引き離すことはできません(ローマ8章28、39節)

《追記》

zoom参加を希望される方は、事前に電話連絡後、主日礼拝当日の10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除します)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ