Posted on 02/14/2021 at 19:58, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『使徒信条(その10)』(イエス・キリストの生涯 その147)(2021.2.14)

我は聖霊を信ず。(①コリント12章3節、ヨハネ14章16節、ローマ8章9節b、同13-16節、ガラテヤ5章22-23節他参照)

  • はじめに…昨夜11時08分頃、宮城県と福島県で最大震度6強の地震があり、その後、福島原発や福島駅周辺のライブカメラで状況を確認しました。カメラで見る限り、建物が倒壊しているようなことはありませんでした。今後、強い余震があることも警戒しながら不安な日々を過ごされる東北の方々に主の慰めと守りがあるよう祈ります。
  • 捜し求める聖霊…本主日から、使徒信条の第3項目「聖霊」を学びます。すでに私たちは、使徒信条第2項の「主は聖霊によりて宿り」で、聖霊という言葉を告白しています。「…によりて宿り」はヘブル語では“熱心に捜し求める”と訳せることを学びました。ですから聖霊は、マリヤを捜し求め、その胎にイエス様を身ごもらせる奇跡をなさいました。ですから聖霊様は、マリヤを捜し出し、世の常識では信じられない奇跡を起こされたのと同様、私たち一人ひとりを捜し当て、内に宿り、奇跡を起こされます。すでに奇跡を起こされました。
  • 信じることは聖霊の出来事…私たちにとって最大の奇跡は、私たち自身が、父なる神を信じ、イエス・キリストを救い主と信じ、そして聖霊を信じている、そのこと自体です。どうして信じているのか、と問われて、明確にその理由を理路整然と答えられる人はいないでしょう。なぜなら、それは私たちの経験や知識、能力を超えている出来事だからです。ことばを替えれば、聖霊の出来事だからです。パウロが言うように「聖霊によるのでなければ、だれも、「イエスは主です」と言うことはできない」(①コリント12章3節)のです。マリヤの胎内で奇跡が起こったのと同様に、私たちの内側で“信じる”という奇跡が起こったのです。
  • アイノカタチ…MISIA(ミーシャ)という歌手がいますが、『アイノカタチ』という歌があります。その歌詞の一節に次のようなフレーズがあります。今日よりもっと/あなたのことを知るたびに/そのカタチはもう/あなたじゃなきゃ/きっと隙間(すきま)を作ってしまうね 私たち一人ひとりの内側には、聖霊様の住まわれるカタチ、スペース、居場所が備えられていて、そこから出会う一人ひとりを愛する愛があふれ出るのでしょう。
  • 結び…イエス様がこの世に生まれ、十字架に死なれ、陰府(よみ)に降り、墓より復活し、天に昇られ、そこから聖霊様を私たち一人ひとりの内側に遣わして、お互い愛を分かち合う家族としてくださっていることを感謝します。

《追記》

zoom参加を希望される方は、事前に電話連絡後、主日礼拝当日の10時15分-25分の間に

ミーティングID: 619 286 4474

パスコード: 3D3M69

でアクセスしてください。

※注意事項

①礼拝時はホストから参加者のマイクをミュート設定にします(ミュートにしないとハウリングして音声が聞き取りにくい場合があるためです。礼拝後はミュート設定を解除します)

②イヤホンを使用すると音声が聞き取りやすい場合があります

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ