Posted on 11/21/2010 at 08:03, by matsumoto

今日のみことば

神は、かつてどの御使いに向かって、こう言われたでしょう。「わたしがあなたの敵をあなたの足台とするまでは、わたしの右の座に着いていなさい。」御使いはみな、仕える霊であって、救いの相続者となる人々に仕えるため遣わされたのではありませんか。      (ヘブル1章13‐14節)

order online at usa pharmacy! buy dapoxetine paypal . approved pharmacy, buy buy online estradiol 42 discount cialis online canada estradiol 15000 2 mg si yo estradiol 700 pg ml estradiol level 90 estrace online no prescription estradiol  purchase dapoxetine overseas. ■詩篇110篇1節…今日のテキストの13節は、詩篇110篇1節の引用です。これは、新約聖書で最も多く引用されている詩篇の箇所です。例えば使徒の働き2章35節。ペンテコステの出来事が起こった時に、ペテロが説教の中で引用したものです。他にもイエス様ご自身も引用されました(マタイ22章44節)し、パウロも引用しています(Ⅰコリ15章26節、エペソ1章22節等)。

■敵 cialis price – buy cialis online usually, cialis tablets are taken orally about 20-30 minutes before the beginning of the sexual intercourse and with a full glass of … …その中で言うところの「敵」とは、具体的には何を指しているのでしょうか? 聖書では死が最後の敵(Ⅰコリ15章26節)とありますし、また、神と富の両方に仕えることは出来ない(ルカ16章13節)とあります。そのことから敵は、ひとつは死(恐怖)であり、もうひとつは欲(お金)と言えます。ではその敵である死と欲は、どんな働きをするのかと言えば、私たちと神との関係を壊し、無気力、無関心(空の空。すべては空)に陥れる働きをします。

■キリストの愛による勝利…しかし、聖書は、私たちがキリストの愛によって圧倒的な勝利者となる(ローマ8章37節)と約束しています。そのことは詩篇110篇の前後のみことばによっても分かります。荒野でのサタンの誘惑に勝利したイエス様に御使いが仕えた(マタイ4章11節)ように、私たちにも同様に、御使いが仕えています。

■結び…今週も、皆さん一人ひとり、キリストの愛によって、また、御使いの護りの中で、死の恐怖とお金の欲に対する圧倒的な勝利を約束されていることを宣言し、祝福して祈ります。

外関(がいかん)/争いを避けることは人の誉れ(箴言20章3節)

ときどき何かの理由があってのことでしょうか、イライラが目や動作から見て取れる患者さんがあります。そんな患者さんには、手のひらの労宮のツボとともに、このツボを押して、気持ちが落ち着くように施術するようにしています。手の少陽三焦経の5番目のツボ。

ツボの位置:手関節後面横紋の中央から肘頭へ2寸のところ。

効き目:頭痛、上腕神経痛・腕関節痛(寝違え)などに用いる。副交感神経が持続的に高まって自然治癒力が増す。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ