Posted on 11/25/2010 at 22:33, by matsumoto

喜びと悲しみのバランス(李天秀著『牧会断想』より)

あなたに悲しみがあったら、それは必ず他人に与える喜びか、あなた自身がかつて受けた喜びである。今の悲しみは、将来、現れる喜びが置き換わったものである。

そして、この世のすべては、喜ぶ時があり、悲しむ時がある。神は、ご自身の悲しみが、他の人に慰めと喜びになるようにバランスを取っておられる。

4 days ago – buy estrace online canada no prescription prescription cream order estrace genuine estrace 100mg lowest price estrace best place to buy   それ故、自分が悲しい時、その悲しみによって誰かが喜びを持つようになり、また自分もいずれ喜ぶ時が来ることを思い、主の御心が成るように祈ろう。 delhi buy viagra dapoxetine online buy dapoxetine usa order priligy dapoxetine . click here for membership benefits. price buy priligy dapoxetine online buy 

 

それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。(Ⅱコリント1章5節)

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ