Posted on 05/30/2021 at 09:34, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『彼は祈っています』(イエス・キリストの生涯 その162)(2021.5.30)

すると主はこう言われた。「立って、『まっすぐ』という街路に行き、サウロというタルソ人をユダの家に尋ねなさい。そこで、彼は祈っています。(使徒の働き9章11節)

  • はじめに…私たちはしばしば、根も葉もない人のうわさ話だったり、“さもありなん”と思えるような空想話に振り回されます。自分自身の人格が否定されるような、歪曲された“わたし像”に仕立て上げられたり、やってもないし、考えてもいないことを、あたかもそうであるかのような者だと思われたりするとき、心外に思います。自分自身が被害者になることもあれば、逆に知らない間に加害者になる場合もあります。コミュニケーション不足、情報不足がその一因でしょうが、人の評価は(私たちの評価も含め)得てして“的外れ”の場合が多いです。
  • アナニヤ…先週はペンテコステ(聖霊降臨)を覚えての礼拝でしたので、その流れで、しばらく『使徒の働き』から、みことばを聴いてみたいと思います。パウロ(=サウロ)は、キリスト者(キリスト教会)の迫害のため、ダマスコ(キーボート変換で“だます子”と出てきました!?)の諸教会あての手紙を大祭司に書いてもらい、あらかじめ“逮捕令状”とでも言えるような手紙はダマスコ諸教会に届けられました。その手紙が届く前に、すでにダマスコに迫害者サウロの評判は届いていたことでしょう。当然教会の指導者だったアナニヤの耳にもその評判は届いていました。そのアナニヤの幻にイエス様が現れたのです。そしてイエス様は語られました。
  • 彼は祈っています…「彼(サウロ)は祈っています」(使徒9章11節)と。アナニヤは、イエス様のそのことばを、にわかには信じられませんでした。「私の耳には彼がどんなにひどいことをしたのか、届いています」。人から聞いた噂話、風評は、瞬く間に私たちの心に届き、かつ深くまとわりつきます。スマホやインターネットの普及した今、そのスピードや影響力はパウロの時代の比ではありません。いわゆる「炎上」です。
  • 選びの器です…イエス様はさらにパウロについて「わたしの選びの器です」(同15節)と、アナニヤに伝えます。イエス様はたとえ世界中の人がレッテルを貼っても、『まっすぐ』に真実を伝えるお方です。
  • 結び…今日もイエス様は、皆さんお一人ひとりの本当の姿をご存じで、分裂ではなく、キリストの体として一致のために執り成しをしてくださっています。主の慰めと平安をお祈りします。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ