Posted on 08/01/2021 at 08:02, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『内側に築かれる宮』(イエス・キリストの生涯 その170)(2021.8.1)

そこで町中が大騒ぎになり、人々は殺到してパウロを捕らえ、宮の外へ引きずり出した。そしてただちに宮の門が閉じられた。(使徒の働き21章30節)

  • はじめに…先週、裏庭の手作りの塀が完成しました。狭く、じめじめした感じがなくなり、明るく、広々したガーデンになりました。そうなると「次はどんなふうにしようか?」と創作意欲が沸いてきます。さしあたり次は可愛らしい倉庫を作ろうと構想を温めています。無から天地を造られ、愛によってエデンの園を造られた主から託された創造性を発揮したいと思います。
  • エルサレムに上らないで…さて、本主日はパウロの第三伝道旅行の終盤、ミレトから航路でツロ、カイザリヤへ。そこでの出会いと出来事です。ツロで出会った弟子たちはパウロにエルサレムに上らないように忠告しました。しかもそれは「聖霊の指示」だと。聖霊の指示によってパウロはエルサレムに上ろうとしている途上、他方で同じ聖霊の指示で弟子たちはエルサレムに上らないようにアドバイスするというのはなぜでしょう?
  • 愛している…パウロは弟子たちに別れを告げ、カイザリヤに着いてピリポの家に滞在しました。そこに“アガポ”という預言者がやって来て「こんなふうに縛られ、異邦人の手に渡されると聖霊が告げている」と預言を語りました。それは忌まわしい預言に聞こえるため、ルカも他の人たちと一緒にパウロにエルサレムに上らないように頼みました。ツロの弟子たちにしろルカたちにしろ、パウロの行く末を案じて、愛ゆえにエルサレムに上らないようにと語ったのでしょう。それは愛の質において人間的な愛だったのではないでしょうか? だからパウロは「あなたがたは私の心を挫く」と言いました。イエス様がかつてペテロをしかって「あなたは神のことを思わないで、人のことを思っている」とおっしゃいました(マルコ8章33節)。イエス様の愛は“アガペー”の愛、見返りを求めない、与えるだけの無条件の愛です。
  • 受刑者…パウロ一行は、エルサレムに上り、宮に入り、そこでエペソ人トロピモと一緒にいたことで町中が大騒ぎになったと、ルカは記しています。神殿の内庭に入るところには「外国人はだれも、神殿を取り巻くこの柵より内に入ってはならない。捕らえられた者は誰でも、その後、死の責任を取ることになる」と書かれた警告文が掲示されていました。宮の門は閉じられ、群衆は「彼を除け!」と叫び続けました。
  • 結び…イエス様は、人間的な愛と憎悪の壁を打ち壊して、真実の愛と平和を聖霊様によって私たちの内側に今日も建て続けています。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ