Posted on 09/05/2021 at 08:55, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『人生の羅針盤』(イエス・キリストの生涯 その175)(2021.9.5)

かなりの日数が経過しており、断食の季節もすでに過ぎていたため、もう航海は危険であったので、パウロは人々に注意して、「皆さん。この航海では、きっと、積荷や船体だけではなく、私たちの生命にも、危険と大きな損失が及ぶと、私は考えます。」と言った。(使徒の働き27章9-10節)

  • はじめに…2021年(ユダヤ暦5782年)のユダヤの新年(ローシュ・ハシャナー)は今週の火曜日(9月7日)から始まります。そして10日後の16日が贖罪の日(ヨム・キプール)、15日後の21日から仮庵の祭り(スコット)が始まります。ちなみに2021年は7年に一度の安息年(シェミッター)です。負債を免除し、奴隷を解放し、土地を休ませる年です(申命記15章1-3節、レビ記25章4-5節、出エジプト記23章11節参照)
  • 断食の季節…いよいよ囚人パウロのローマへの移送です。今日のテキストで「断食の季節」とありますが、これは贖罪の日(ヨム・キプール)における断食を指していると考えられます。つまり仮庵の祭りの時期を過ぎると一気に冬の気候へと変わり、地中海の海は時化で大荒れになります。この当時、船での航行は太陽と星で進行方向を確認していました。まだ羅針盤がありませんでしたから、黒雲に覆われると、進むべき方向を見定めることが出来なくなり、航海は非常に危険に晒されました。そのことをパウロはよく知っていました。航海士や船長にいたっては、なお更のことです。それ故、多少リスクがあったとしても、これまでに培ってきた知識と経験から回避できると考えたのでしょう。穏やかな南風が吹くやいなや、パウロの忠告を無視して冬を越すための快適な港を目指して出帆しました。
  • 絶望の淵で…案の定、船はユーラクロンという暴風に翻弄され、パウロの忠告した通りの結果になりました。しかしパウロは「だから言わんこっちゃない…」と言いながらも、皆が望を失わざるを得ない状況の中で、あきらめることなく希望と励ましの声を掛けます。「元気を出しなさい。いのちを失う者はひとりもない。(主が)私に告げられたとおりになると信じています」(使徒の働き27章22-26節)
  • 人生の羅針盤…人が①知識経験(知)に頼り、②自己利益(欲)に動かされ、③所有(物)に執着し、④自己の命(肉)を惜しむ人生を歩むとき、それは方向を見失った難破船に乗っている人生と言えます。進むべき方向を明確に指し示すのは“人生の羅針盤”なる福音、みことば、主イエス様です。
  • 結び…今、あなたの人生がたとえ暴風、荒波に翻弄されていても、確かな希望を指し示し、支えて下さる主イエス様があなたと共にいて下さいます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ