Posted on 11/27/2010 at 21:25, by matsumoto

傷(李天秀著『牧会断想』より)

purchase dapoxetine 90 mg, dapoxetine mail order, overnight dapoxetine delivery , dapoxetine 60 international shipping , dapoxetine tablet, buy dapoxetine 傷は、自分自身だけに感じるようにさせる、悪魔の作品である▼人の本性は所属感なので、隣人を愛する所属感自体が、自意識を供給するのである▼人は、悪魔の働きによって本能の奴隷になるので、自分も知らないうちに、自分自身に属したすべての人を利己的な目的で利用する▼これは、世でいつも起きる現象である▼そして人は、家族とか両親、友人によって心の傷を受けるようになるのが必然的なことである▼所属感で傷を受けた人は、所属感から離れ、自意識で反抗し、批判し、憎むようになる▼結局、悪魔は、人を所属感から自意識に堕落するようにする▼すなわち、自分の体で動き、食べて、飲んで、所有することで、自分の人生をつくるようになる▼これが“生地獄”であり、死んだら永遠の地獄である▼だから、悪魔が与える傷(地獄)に落ちないように続けて祈るなら、愛によって隣人を赦し、傷を抱み、地獄に落ちないようになるのである。

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ