Posted on 12/19/2021 at 16:26, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『使徒ヨハネとイエスの母マリヤ』(イエス・キリストの生涯 その191)(2021.12.19)

天の万象は朽ち果て、天は巻き物のように巻かれる。その万象は、枯れ落ちる。ぶどうの木から葉が枯れ落ちるように。いちじくの木から葉が枯れ落ちるように。(イザヤ書34章4節) 天は、巻き物が巻かれるように消えてなくなり、すべての山や島がその場所から移された。(黙示録6章14節)

  • はじめに…アドベント(待降節)の時を過ごしていますが本主日アドベント第四主日は「マリヤのキャンドル」です。「ほんとうに、私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおりこの身になりますように」(ルカ1章38節)と、主のみこころを受け止めたマリヤの信仰による従順を象徴するキャンドルです。
  • エドム人ヘロデ大王…イエス様が誕生されたのはヘロデ大王(在位:紀元前37年-紀元前4年)の時でした(マタイ2章1節)。東方の博士たち(占星学者)が「ユダヤ人の王としてお生まれになった方はどこにおいでなりますか(…)拝みにまいりました」(同2節)とのことばに狼狽(ろうばい)しました。なぜなら自分がユダヤ人の王として治めているにもかかわらず、“本物のユダヤ人の王”が生まれたと聞かされたからです。ヘロデ王の家系は純粋なユダヤ人ではなく「エドム人」の家系だったため、自身の地位が脅かされると恐れたのです。そしてベツレヘム近辺の二歳以下の男子の幼子を手あたり次第に殺害したのです。その間、マリヤとヨセフ、そして幼子イエス様の三人はエジプトへ避難しました。
  • マリヤの受難、慰め…結婚出産、養育、子離れ、そして看取り、死別。人の一生において様々なステージがあり、多少の程度の違いこそあれ、それぞれに困難、危機を体験します。嘘や誤解が一層、事柄を難しくします。マリヤは出産に際しては不貞を疑われ、イエス様の十字架の死を目の当たりにしました。事態に困惑し、絶望感に襲われます。しかし、聖霊様は狭い袋小路に迷い込んだり、深い穴に落ちたりする私たちを“熱心に捜し求め”て、慰め、真実を明らかにしてくださいます。イエス様が一匹の羊を大切にし、見つかるまで捜してくださるように、そしてマリヤに使徒ヨハネを養育者として置いて下さったように、すべてを整え、私たちを愛してくださっています。
  • 結び…天の万象(宇宙)が破滅するような事態が起こっても、聖霊様は私たちを捜し求め、主の創造してくださった世界を再び回復し、もつれたり、途切れたりした人間関係、主と人との関係を修復して、美しく、信頼と喜びの賛美に溢れた新天新地を用意してくださっている(イザヤ35章)ことを感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ