Posted on 12/26/2021 at 19:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『絶望から舌望へ』(イエス・キリストの生涯 その192)(2021.12.26)

弱った手を強め、よろめくひざをしっかりさせよ(イザヤ書35章3節)

 ですから、弱った手と衰えたひざとを、まっすぐにしなさい(ヘブル人への手紙12章12節)

  • はじめに…いとすぎ教会の今年の10大ニュースは①牧会20周年のはじめを壱岐で迎える(1月)②リモート礼拝開始(2月)③フィリピン支援の一環で、支援する姉妹の引っ越しのため福岡へ(3月)④福岡からリモート礼拝行う(3月)⑤リモート礼拝で参加の姉妹が、祝祷のときに天から流れる水の音と人々(天使)の声を聞く(4月)⑥バラ園の社長(師匠)から香りの良いバラのブーケを頂く(5月)⑦DIYで裏庭の塀が完成する(8月)⑧“ミセス・オロナイン”と呼ばれていた、私たちの知人で恩人でもあった是枝律子姉が新型コロナウイルス感染症によって亡くなる(9月)⑨眞津代牧師、ローズコンシェルジュ資格取得(10月)⑩DIYのサイクルポート完成(11月)。コロナ禍(困難・不自由さ)の中にあって、出来ることを精一杯やり、前進しようとした一年だったと言えます。
  • よろめく膝…ところで、眞津代牧師は週2回ほど、バスに乗って買い物に出かけます。買い物をし終え荷物を持ってバスのステップを昇る時、脚がプルプルと震え、筋肉の衰えを実感するそうです。今日のテキストの背景として、イザヤ書ではアッシリヤの脅威、ヘブル書ではローマ帝国、そしてユダヤ教徒からの迫害があります。今日のみことばは、その脅威、迫害に遭っている人々に対しての励ましのメッセージです。
  • 目は開かれ、耳はあけられる…筋肉は年齢に関係なく、トレーニング(リハビリ)をすることで増やせることが知られています。ただ何の目標、目的もなくただトレーニングするのでは長続きせず、挫折してしまいます。霊的な筋力(信仰)も同様です。イザヤの口を通して主は明確に目的を示します。「神は来て、救われる」(イザヤ書35章4節)と。その救いのしるしは「目が開かれ、耳は開けられる」(同5節)ことだと。不思議なことですが、旧約聖書には、いくつものいやしの記事がありますが、視覚障害と聴覚障害がいやされたという記事は見当たらないのです。それは歴史上初めてイエス様によってなされたのです(マルコ7章32-35節、8章22-25節、ヨハネ9章1-7節参照)。イザヤのメシヤ到来の預言が成就したことの決定的なしるしとなったのです。
  • 結び…イエス様との出会いによって、すべての身体的なハンディと社会的なハンディ(=隔ての壁)はイエス様が取り除かれ、聖霊で満たされ、絶望は“舌望”に変わり、すべての被造物が主を賛美して生きるようになるのです。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ