Posted on 01/16/2022 at 19:15, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『創始者であり、完成者』(イエス・キリストの生涯 その194)(2022.1.16)

だれが、これを成し遂げたのか。初めから代々の人々に呼びかけた者ではないか。わたし、主こそ初めであり、また終わりとともにある。わたしがそれだ。(イザヤ書41章4節) また言われた。「事は成就した。わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。わたしは、渇く者には、いのちの水の泉から、価なしに飲ませる。(ヨハネ黙示録21章6節)

  • はじめに…昨日、オーストラリアの西に浮かぶ島国のトンガ沖で海底火山が大規模な噴火をして、津波がトンガに到達し、道路や建物が浸水するなどの被害があったようです。その津波は日本沿岸にも到達し、奄美市では1・2メートルの津波が観測されています。火山の噴火、地震、ハリケーン、大雪、そしてコロナ等々、自然の力の前で非力な人間の姿を見せつけられます。ところで明日17日は、27年前に阪神淡路大震災が発生した日です。ちょうどその時、私は西宮の親戚の家にいて地震に遭い、今でも「その時」(クロノス)のことをリアルに思い出します。同時に「その時」(カイロス)は私の人生にとってのターニングポイントになりました。私の生き方そのものを揺さぶられ、献身へと導かれたのです。
  • 初めであり終わり…イザヤ書41章は、バビロンに捕囚されたイスラエルの人々を含む、全世界の人々(島々、諸国の民)に向けて語られた預言です。「ひとりの者を起こす」(イザヤ書41章2節)と。この「ひとりの者」とは、後にイスラエルの民をバビロンから解放することとなったペルシャ王クロスです。その歴史的出来事を成し遂げたのは「わたし、主」だと。そしてその主こそ「初めであり、終わり」なのだと、みことばは語ります。つまり主は時=歴史をその最初(創造)から最後(終末)に至るまでつかさどる者、歴史の主宰者だというのです。この箇所は黙示録で引用されており、イエス様ご自身が最初であり、最後である者だと、ご自身のことを明らかにしています。
  • 解放そして礼拝…異邦人であるペルシャの王クロスを用いてイスラエルの民をバビロンから解放した主。何のために解放したのかというとエルサレムに主の宮を建てるためです(エズラ記1章2節)。つまり礼拝、賛美を通して主と民が交わりを持つためです。そしてエルサレムの宮での礼拝は、終末において時間的制約を超え、主と人との永遠の麗しい交流へと展開していきます。今日の礼拝が終末、すなわち新天新地における礼拝の先取りの礼拝です。
  • 結び…アルファ(創始者)でありオメガ(完成者)であるイエス様は、いつも私たちとともにおられるインマヌエルなるお方です。ハレルヤ! アーメン!

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ