Posted on 02/27/2022 at 15:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『病を負い、痛みを担われる主』(イエス・キリストの生涯 その201) (2022.2.27)

『開かれた聖書の静物』(ゴッホ) 聖書は牧師だったゴッホの父親の遺品で開かれているのはイザヤ書53章

まことに、彼は私たちの病を負い、私たちの痛みをになった。(イザヤ書53章4節)/これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。「彼が私たちのわずらいを身に引き受け、私たちの病を背負った」(マタイ福音書8章17節)

  • はじめに…ロシア大統領プーチン氏の命令によって24日、ロシア軍がウクライナに侵攻を開始しました。国際社会はロシアの力によるウクライナへの介入を非難し、即時撤退を求めています。また広島、長崎を含む世界各地で戦争反対のデモが呼びかけられ、大勢の人々が参加していますし、SNSでも戦争停止を要求する公開書簡が公表されたり、署名活動が行なわれています。私たちも祈りとみことばをもって、抗います。「剣をもとに納めなさい。剣を取る者はみな剣で滅びます」(マタイ26章52節)
  • ゲッセマネの祈り…これはユダが挨拶の口づけの合図によって、群衆がイエス様を捕らえた際、勢い余って大祭司のしもべの耳を切り落とした弟子のペテロに対して語ったことばです。ペテロの行動は、力に対して力で対抗しようとする、ある意味、自然な人間の本能的行動、正当防衛といえるでしょう。しかしイエス様は、それを是とはしませんでした。
  • 十二軍団よりも多くの御使い…イエス様は御使いの援護を要請する権威がありました。それは十二軍団(1団=6千人×12=7万2千人)よりも多いのだと。しかしその力も行使しませんでした。大きな石臼で油を搾る(=ゲッセマネ)ように全身全霊で父なる神に祈り、ただお一人で、すべての人の罪を背負って十字架に付かれました。
  • みことばといやし…そもそもイエス様のいのちが狙われるようになったのは、イエス様の語る核心に迫るみことばと数多のいやし、すなわち“愛の行ない”の結果、民衆の心がイエス様に向き、律法学者やパリサイ人らの“ねたみ”“嫉妬”を買ったが故です。ねたみは罪人(自己中心性、自己義認)の最大の病、痛みと言えるでしょう。それを主は一身に負われ、なおかつ、とりなしをされる、そうイザヤは「苦難のしもべ」として53章で預言しています。ゴッホの『開かれた聖書の静物』という作品があり、まさしくそのメッセージを伝えようとしています。
  • 結び…イエス様は生涯、天の父を愛し、隣人(私たち)への愛を貫き通しました。嫉妬、所有欲という剣に替えて、互いに愛せよ、そうイエス様は今、ウクライナの真ん中で叫んでおられます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ