Posted on 04/03/2022 at 14:44, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『遠くの者にも近くの者にも平安あれ』(イエス・キリストの生涯 その206) (2022.4.3)

「わたしはくちびるの実を創造した者。平安あれ。遠くの者にも近くの者にも平安あれ。わたしは彼をいやそう」と【主】は仰せられる(イザヤ書57章19節)/ それからキリストは来られて、遠くにいたあなたがたに平和を宣べ、近くにいた人たちも平和を宣べられました(エペソ2章17節)

  • はじめに…先週、桜が一気に咲き、春を告げています。春の花は、暖かいほど早く咲きます。ただ、その前に一定の寒さを経ないと休眠していた芽が目覚めず、花は咲かないそうです。つらい寒さを経てこそ花も咲く由、私たちの人生も同じではないでしょうか? つらい出来事があります。不条理なこともあれば、自らの過ちから招く苦難もあります。しかし主は、それらの困難の後、平安を告げられる方です。
  • 荒廃した都で…今日のテキストはイザヤ書57章です。バビロン捕囚から解放されて後、都エルサレムに帰還したものの、帰還民は貧しく、困窮の中にあり何から手を付けたら良いのか分からない状態でした。希望に燃えて帰ってきたものの失望落胆、あるいは「どうにでもなれ」というような思いがありました。主を見失っている状態でした。その民に向かってイザヤは、主が導かれる将来に目を向け、再び希望に生きられるよう預言を語りました。
  • 平安といやし…「わたしはくちびるの実を創造した者。平安あれ。遠くの者にも近くの者にも平安あれ。わたしは彼をいやそう」(イザヤ57章19節)と主はおっしゃいました。主は荒れ果て、渇いた心を聖霊で満たして下さいます。そして主との関係を完全に回復して下さいます。それが主の下さる「平安」と「いやし」です。その方法はイエス様の受肉、十字架、復活と聖霊派遣です。「平安」と「いやし」の招きから漏れる人は一人もありません。「平安」と「いやし」の招待状(みことばの招き)はすべての人の心のポストに届いています。「彼(イエス様)は、私たちのそむきの罪のために刺し通され、私たちの咎のために砕かれた。彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の内傷によって、私たちはいやされた」(イザヤ53章5節)「わたしは、あなたがたを捨てて孤児にはしません」「わたしは、あなたがたに平安を残します。わたしの平安を与えます」(ヨハネ14章18、27節)「平安があなたがたにあるように」(同20章19、21、26節)「聖霊を受けなさい」(同22節)
  • 結び…イエス様は、私たちの患難、辛苦、痛みをご存じであり、共にご自身の身に引き受けて下さっておられます。私たちを見捨てて孤児とはされず、永遠に天の都で住まわれます方です。その方が今、共におられます。感謝。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ