Posted on 08/14/2022 at 16:35, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『現実を変える祝福の力』(新約に引用されている旧約 その12) (2022.8.14)

そしてわたしは、あなたの子孫を空の星のように増し加え、あなたの子孫に、これらの国々をみな与えよう。こうして地のすべての国々は、あなたの子孫によって祝福される。(創世記26章4節) / あなたがたは預言者たちの子孫です。また、神がアブラハムに、『あなたの子孫によって、地の諸民族はみな祝福を受ける。』と言って、あなたがたの先祖と結ばれたあの契約の子孫です。(使徒の働き3章25節)

◆はじめに…先週はじめから雨雲が韓半島から北陸東北地方に流れ込み、大雨で韓国ソウルでは半地下住宅が浸水して死者が出たり、青森ではリンゴ畑が冠水して、あと1カ月ほどで収穫の予定だったリンゴがほぼ全滅するなど、甚大な被害が出ています。また台風8号による被害も静岡などで出ています。被害に遭われた方々一人ひとりに主の慰めと、立ち上がる力が与えられるよう祈ります。

◆飢饉…今日のテキストは、イサクが住んでいたゲラル地方にききんが起こり、食糧を求めてエジプト行きを計画していたところ、「この地に滞在しなさい」(創世記26章3節a)との主の御声に従ってその地に留まり続けたという箇所です。飢饉は天災ゆえ、どうすることも出来ません。この度の豪雨も同じです。被害は甚大で将来の見通しがつきません。

◆ともにおられる主…主は続けて語られました。「わたしはあなたとともにいる」(同3節b)と。主はアブラハムが75歳のとき「わたしが示す地に行きなさい」(創世記12章1節)と語られました。安定していたであろう、生活に見切りをつけてアブラハムは旅立つ決断しました。「あなたを大いなる国民とする」(同2節)とのみことばが背中を押しました。保証は主ご自身が語られた約束のみことばです。

◆種蒔きと井戸掘り…留まったその荒涼とした地にイサクは種を蒔きました。すると百倍の収穫を見たと。地の人(ペリシテ人)はそれをねたみ、井戸に土を満たして塞ぎ生活の源を断ちました。さらにその地の王は、「出て行ってくれ」(同26章16節)とイサクたちを追放し、イサクはゲラルの谷間(ワジ)に天幕を張り、居を構えました。そこで井戸を掘るも、またもや地の人から奪われます。しかしイサクは住む場所を移動しながら新たな井戸を掘り続けました。イサクは決して恵まれた境遇に生きたのではありませんが、そのイサクに再び主は「わたしはあなたとともにいる」(同24節) と語られ、イサクは祈り、井戸を掘りました。

◆結び…いのちの源を求めて井戸を掘り続けたイサクによって地の民が祝福を受けたように、イエス様が私たち一人ひとりの心を掘り、生ける水を内側からわき出るようしてくださり、霊的に満たしてくださることを信じて感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ