Posted on 12/07/2010 at 22:13, by matsumoto

父と息子(李天秀著『牧会断想』より)

baclofen mg, cheap lioresal, buy cheap baclofen , lioresal mg, purchase purchase baclofen online, generic baclofen , baclofen price , baclofen cost , 父と息子が互いに期待するのは、全く反対のことである▼父は息子によって、自分自身の過去の失敗の補償を受けることを期待する▼反対に息子は、自分自身の未来の希望が父によって成就すように希望する▼そして、はじめは互いに親しく見えるが、息子が成長して父が老人になって、ふたりの期待は次第に食い違う▼父は老いるに従って、息子が自分の不足を満たすことを望み、息子は成長するほど、自己の欲望が父によって成就することを望む▼時間が経てばたつほど、父と息子は“敵”になる▼互いの失望による不満の原因を相手に転嫁させるのである▼そして世代間の問題が生じる▼この点は、嫁と姑の間でも同様である▼父と息子、嫁と姑は、こいう悲劇と傷を避けるように、ただ主の“内”で子ども達は両親に従順に従い、両親は子ども達を主の教養と訓戒で育てるべきである▼祝福は、人から来るのではなく、両親を与え、子どもを与えて下さった神によって、御言葉に従順に従った保障として受けるようになる。

子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。これは正しいことだからです。

「あなたの父と母を敬え。」これは第一の戒めであり、約束を伴ったものです。すなわち、

「そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする。」という約束です。

父たちよ。あなたがたも、子どもをおこらせてはいけません。かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。(エペソ6:1-4) buy viagra. this was like tibetans in traditional true – a not solve the gloom.

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ