Posted on 12/12/2010 at 08:16, by matsumoto

主日メッセージ要約『乳飲み子のように祈る』(2010.12.12)

今日のみことば

むしろ、ある個所で、ある人がこうあかししています。「人間が何者だというので、これをみこころに留められるのでしょう。人の子が何者だというので、これを顧みられるのでしょう。(ヘブル2章6節)

■はじめに…今日は、アドベント第3主日です。3本目のキャンドルに火が灯りましたが、これは“バプテスマのヨハネのキャンドル”と呼ばれています。「イスラエルの民に、もうすぐ救い主が来られる」と告げた洗礼者ヨハネことを象徴しています。

sertraline pharmacy prices . can you buy zoloft online. buy sertraline online uk. zoloft sale online. how much is zoloft without insurance . sertraline 50 mg without ■詩篇8篇…今日のみことばは、詩篇8篇からの引用です。詩篇8篇は、ユダヤの祭りの際に歌われた賛美の詩篇です。内容は表題に“ギテト”とありますが、酒ぶねのことで、収穫したブドウを搾る時の労働歌です。若い母親が背中に乳飲み子を背負って、酒ぶねでブドウを搾る光景を想像させられます。

■ヨブの皮肉 buy prozac online now – no prior prescription needed! prozac ( generic fluoxetine) is a drug used medically in the treatment of depression, …また、この詩篇8篇を義人ヨブが、次々に起こる苦難を嘆いて、神様に対して皮肉として訴えています(ヨブ記7章17節)。

■宮きよめ…イエスが十字架の受難の直前、エルサレム入城し、宮に入って行かれました。そこで子ども達が「ダビデの子にホサナ!」と歓喜の声を上げました。その出来事が詩篇8篇の成就だと語られています(マタイ21章16節)。

inactive ingredients in generic fluoxetine buy fluoxetine online no prescription purchase fluoxetine online cheapest fluoxetine generic prozac fluoxetine ■乳飲み子の口の賛美…「乳飲み子たちの口に賛美(=力)」とは、どんな意味でしょう。それは赤ちゃんが母親に発する「アバババ…」というような声です。それ自体には意味はありませんが、母に対する切なる訴えを含んでいます。そうです。私たちが主に対して祈る切なる祈り、すなわち異言の祈りです。それに力があるのです。

■結び…最終的にはヨブは悔い改め、主に祈り、祝福を受けました(ヨブ記42章)。乳飲み子のように主に祈るとき、聖霊の宮、祈りの家として私たちは完全に回復され救われます。酒ぶねは新しいブドウ酒(恵みと祝福)で満ちあふれるようになります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ