Posted on 05/02/2010 at 08:50, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月2日)

causes menopause menopause drug. where can i buy estrace-cream. want online discounts on estrace-cream in uk brand name. buy generic estrace – cream 今日のみことば order online at usa pharmacy! buy priligy dec 29, 2014 – “ buy cheap generic fluoxetine online without prescription” buy prozac 3105 prozac 60 mg a day prozac 15 mg anxiety order online uk . dapoxetine online . top offering, buy purchase dapoxetine overseas.
しかし、キリストは御子として神の家を忠実に治められるのです。もし私たちが、確信と、希望による誇りとを、終わりまでしっかりと持ち続けるならば、私たちが神の家なのです。(ヘブル3章6節)

■家とは…「家」というと、父の亡くなった後、長男がその名、財産、伝統、家風等を引き継ぐという、昔ながらの慣習を思い起こします。教会も「家」にたとえられます。E.レヴィナスによれば「家」とは、「家の役目は悪天候から人間を守り、天敵や災厄から人間をかくまうこと」であり、「家は人間活動の目的ではなく、その条件である。人間活動のスタート点」「避難所」だと言うことです。幼子に対する母のようなものです。
■身を引く…ヘブル語で「神の栄光の臨在・住まい(家)」をシェキナ-といいますが、「身を引く」という意味に解することができます。あるラビによれば「神は世界を創造するために“身を引いた”」と言います。すべてに満ち満ちておられる方が、ご自身の内側に身を引かれることによって世界を創造されたということです。母が胎内に子を宿すようなものです。「あなたはこの世に望まれて生まれてきた大切な人」とマザーテレサは言いました。
■キリストの体…これが神の家です。そして「神の家とは生ける神の教会のこと」であり(Ⅰテモテ3章15節)、神の教会はキリストの体です。イエス様は『わたしの家は、祈りの家でなければならない。』(ルカ19章46節)とおっしゃいました。しもべではなく神の子、神の長子として、「教会」を、この「いとすぎキリスト教会」を治めておられます。
■結び…この神の家、神の教会、祈りの家の中で生かされている(キリストの中に生かされている)確信と希望による誇り(Ⅰコリント1章26‐31節参照)を、終わりまでしっかりと持ち続け、祈り続けたいと願います。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉リズム…マッサージをするとき、リズム良くするのが大切です。自然界には“1/fゆらぎ”というリズムがあることが知られていますが、これが心地よいリズムになります。マッサージも“1/fゆらぎ”というリズムになっているのでしょう。患者さんのほとんどが、うたた寝することからそれを推察できます。教会でも礼拝中、または祈りの最中、良く眠っている人がいますが、それは聖霊の臨在が“1/fゆらぎ”のリズムになって、心をマッサージしているのでしょう。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ