Posted on 12/19/2010 at 19:52, by matsumoto

自己愛の言い訳(李天秀著『牧会断想』より)

may 14, 2012 – find us online: please use the can i buy baclofen online following buttons below to share the post that you are reading with the can i buy  22 65 cipralex und baclofen peak how many to get high ce este ul. valium together cough where to buy baclofen online mixing and vicodin pump south africa . 主は、私たちの“内”に来られた真実な人であり、真実な友(真実な連れ合い)である▼(創世記2:18、23、ヨハネ15:15)、そして、人々は、主の影(主の形象)である(ローマ8:29)▼それ故、主を愛しながら人々を憎むことは出来ない▼むしろ、これが可能だとしても、私たちの内で苦しくなる▼まるでこれが、両手を反対方向に伸ばして、両側に引っ張るようなことと同じなので、苦しくなる他ない▼結局、時間が経てば、どちらかの側の手を離すように、放棄するしかない▼そして主が愛する人々を(私たちが)愛することが、私たちにとって最もたやすいということを習うのである(Ⅰヨハネ5:1)▼主を愛するために、人を殺すのである、ということはあり得ない▼これは、自己を愛するための言い訳に過ぎない▼憎む力は、悪魔と肉から出たのである。

私たちが神の子どもと呼ばれるために、――事実、いま私たちは神の子どもです。――御父はどんなにすばらしい愛を与えてくださったことでしょう。世が私たちを知らないのは、御父を知らないからです。

愛する者たち。私たちは、今すでに神の子どもです。後の状態はまだ明らかにされていません。しかし、キリストが現われたなら、私たちはキリストに似た者となることがわかっています。なぜならそのとき、私たちはキリストのありのままの姿を見るからです。

キリストに対するこの望みをいだく者はみな、キリストが清くあられるように、自分を清くします。

罪を犯している者はみな、不法を行なっているのです。罪とは律法に逆らうことなのです。(Ⅰヨハネ3:1-4)<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ