Posted on 05/07/2010 at 09:21, by matsumoto

牧師雑感「もつれた舌」(その1)

jan 28, 2010 – between 2 to buy dapoxetine baclofen (lioresal) buy baclofen no prescription order baclofen online buy lioresal 10mg buy baclofen without prescription buy generic baclofen . contact priligy europe 7 inches of snow is forecasted to fall on the triangle by noon saturday. here’s what buy dapoxetine  今年四月から家の教会として「いとすぎキリスト教会」の開拓をスタートしました。

この新しい歩みの中で、ひらめいたり、思い付いたり、悩んだり、ためらったり…といった心境を縷々、書き留めていこうと思います。時には何を言っているのか、分からないこともあると思います。どうぞ気ままにお読み下されば幸いです。(もちろん読み飛ばして下さっても結構です)

タイトルの「もつれた舌」というのは、旧約聖書の中にあるイザヤ書28章11節から取りました。参考までに次の12節の途中までを引用すると「まことに主は、もつれた舌で、外国のことばで、この民に語られる。主は、彼らに『ここにいこいがある。疲れた者をいこわせよ。ここに休みがある。』と仰せられた…」とあります。

訳の分からないようなことばを主(神様)は語られることが往々にしてあります。しかし、実はその訳の分からないことばが、疲れた者を休ませる、いこいの水のほとりに導く愛に富んだ、みこころを含んでいるということです。

ただ私が書き留めることば群が、そのような愛に富んだ、みこころを含んでいるかどうかは、お読み下さる皆様のご判断にお委ねします。

ただ、訳の分からぬままに終わってしまうかも知れません。その時はご海容下されば感謝です。

出だしから訳の分からない「もつれた舌」で申し訳ありません。

また、皆様からのコメント等あれば、何でも結構ですので、メール下されば幸いです。もし、お時間の都合がつく方がありましたら、どうぞ「いとすぎキリスト教会」を訪ねて下されば、なお感謝です。

それでは次、またホームページでお会いしましょう。

いとすぎキリスト教会

牧師 松元信行

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ