Posted on 12/28/2010 at 21:48, by matsumoto

愛は永遠(李天秀著『牧会断想』より)

夫婦あるいは家族の中で、誰かが死んだならば、その人が更に深く意識される▼その人の関係、すなわち、所属感が更に深くなるのである▼そして、生きている間、特に意識せずに過ごしてきた家族、夫婦、親子の関係が、死後にもっと深くなるのである▼人は死んでも、家族と持っていた所属感はそのまま残り、影響を与えるのである▼それ故、死んだ人は、体は死んでも、魂(所属感、関係)は生きて(残った者と)一緒に生き続けることになる▼人は、生きているより、死後、更に大きな影響を残すのである▼自己が死んだ後、体と五感によって出来た自意識を抜け出て、時空を超越した神の愛(所属感)で結ばれたのが天国である▼天国は、キリストの“内”で愛の絆で結ばれた状態である。

the science classroom buy baclofen without prescription australia . short. simple. science. buy generic macrobid. share button purchase generic levaquin 平和のきずなで結ばれて御霊の一致を熱心に保ちなさい。(エペソ4:3)

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ