Posted on 05/09/2010 at 08:16, by matsumoto

主日メッセージ要約(2010年5月9日)

今日のみことば

神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます。(ヘブル4章12節)

■ dec 26, 2014 – buy cheap generic order baclofen 25mg online no prescription baclofen ist bei krampfen wirksam, die durch signale aus dem gehirn (wie bei multipler sklerose) entstehen. order online at usa pharmacy! buy dapoxetine uk online. online drugstore, buy dapoxetine in india. estrace online without prescription . more info about “ buy estrace “. drospirenone ethinyl estradiol why is it so expensive  医師の務め…医療技術の進歩は日進月歩の勢いで、目覚ましい発展を遂げています。かつてはメスで体を大きく切って手術をしていたものが、今ではレーザーやカテーテルを用いて、体をほとんど切らずに手術が出来るようになりました。また体の内部の診断をするためにMRIが用いられています。X線を利用して体内を細かく輪切りに撮影するというものです。技術の進歩によって患者、医師の双方にとってのリスクが軽減することはとても良いことだと思います。しかし反面、患者も医師も機械任せ、機械相手になって、何かしら大切なこと、「生身の体に対する畏敬の念」が見落とされているような気もします。

祭司の務め…イスラエルの民は、主(神様)と出会う場所として「幕屋」を設けました。もちろん、主ご自身の指示通りに作りました(出エジプト25‐27章)。ただし罪ある人間が主に近づくためには“いけにえ”が必要であり、そのいけにえを捧げる務めを祭司が担っていました。牛、羊、やぎ、ハトなどを刃物を用いてほふり、細かく切り分けていました。きっとほふられる家畜を見ながら、自分自身と重ねて、霊・魂・体を主の前に差し出していたことでしょう。人々は身体性・現実感覚を忘れることはなかったでしょう。

クリスチャンの務め…クリスチャンの私たちは、ともすると語ることばは立派でも、実際、自分自身の行動が伴っていないということがないでしょうか? 身体感覚、現実感覚を見失ってはいないでしょうか?

結び…みことばの刃物で自分自身を切り裂いて、傷ついたところ(罪)がないか、主に調べてもらい、主との和解、主への献身の日々を過させて頂けるよう、祝福して祈ります。

〈整骨牧会ひとくちメモ〉十字架…ある日、祈りの中でマッサージの方法を神様が啓示してくれました。マッサージを始める時、「○○さん、今日はどこが痛いですか?」と声掛けをしながら軽く背骨から肩甲骨に向かって横に、そして背骨を上から下へ撫でます。そしてマッサージの最後に頭の頂点から横方向、そして縦方向に指圧するというものです。名付けて『十字架サンドイッチ整骨法』。この方法で実際マッサージをすると患者さんの治癒力が向上するように感じられます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ