Posted on 01/02/2011 at 19:23, by matsumoto

聖霊様(李天秀著・松元信行訳『牧会断想』より)

エホバの証人たちは、聖霊を人格として認めずに、“神の影響力”だと考えている▼事実、人の自意識を崩すのは、聖霊の働きだけである▼父なる神は、時空の外におられ、御子なる神も、第三の天の神の御座の右におられる▼聖霊だけが、私たちを真理の中に導かれるのである▼それ故、私たちの自意識を聖霊の導きによって放棄するとき、真実なる悔い改めが起こり、外なる人を抜け出て、生まれ変わる働きが起こるのである▼しかし、聖霊を神の影響力だと考えるなら、人間の自意識による選択の対象になるので、神の導きを受けることが出来ない▼肉(自意識)によって生まれたことは、肉のためである(ヨハネ3:6)▼悪魔は、絶対に神に敵対出来ない▼ただ、人間の自意識を通して、神の霊に敵対するようになるのである▼神の霊を、影響力だという追想的な概念で考えるならば、神は結局、人間の考えの追想的な相手として転落するのである▼愛は影響力ではなく、私たちの内に来られた“人格”である。 dec 20, 2014 – shop with us for cheap estrace online medications you need without online insurance without cream buy cost ordering patch estradiol . at the  priligy 30mg price – priligy dapoxetine buy online priligy price in malaysia; priligy buy dapoxetine online india dapoxetine nerden alinir buy priligy online nz 

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ