Posted on 01/03/2011 at 11:22, by matsumoto

サタン(李天秀著・松元信行訳『牧会断想』より)

サタンは、敵対する霊である▼サタンは、神と人を敵対させ、告発することによって自己意識を発展させる▼それ故、サタンには従順とか服従、理解とか憐れむということはあり得ない▼従順、服従、理解、憐れみの心は、相手に向かう愛から始まるのである▼神は、私たちを憐れまれ、すべてを与えることによって、神ご自身が私たちと共におられるのである▼神は、私たちを通して自意識の供給を受ける必要がないのである▼主は、その愛自体で、ご自身を確認するのである▼自ら自由を喜んで受け入れられず、いつも人を憎み、察することによって、自分自身を確認する人には平安がない▼誰かを批判し、攻撃すると、緊張と不安が付きまとって来るからである▼だから悪人には、平安がないのである。

「悪者どもには平安がない。」と主は仰せられる。(イザヤ48:22) also tell buy general health pharmacy hydroxyzine online your doctor buy atarax online and pharmacist if you are allergic to any other substances, such as foods… cheap atarax

<!– –>

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ