Posted on 01/23/2011 at 08:55, by matsumoto

主日メッセージ要約『天国放送7・5Hz』(2011.1.23)

今日のみことば can prednisone get you high what are cialis pills used for best place to buy lexapro pills is it illegal to order generic lexapro best place to order fluoxetine in us by mail order natural viagra over the counter australia generic cheapest lithium 

聖とする方も、聖とされる者たちも、すべて元は一つです。それで、主は彼らを兄弟と呼ぶことを恥としないで、こう言われます。「わたしは御名を、わたしの兄弟たちに告げよう。教会の中で、わたしはあなたを賛美しよう。」(ヘブル2章11、12節)

■はじめに…私たち夫婦は、テレビはほとんど見ませんが、大のラジオ好きです。しかも聞くのはNHKラジオ第1(729KHz)だけです。ただ、ときどき音量とチューニングのダイヤルを間違えて周波数が変わって、ラジオから雑音しか聞こえなくなったり、「○○△▽□◇…イムニダ」と、雑音混じりの韓国語放送を受信してしまったり、他の民放放送を受信してしまうことがあります。

■脳波…私たちの脳も、ラジオが周波数の違いによって、いろいろな放送が聞こえて来るように、脳波の変化によって感情や身体の状態が変化します。脳波が高くなれば、興奮状態になり、逆に低くなれば眠ったり、夢を見たりするようになります。脳波の高い順にγ波(30Hz以上)―β波(29-14Hz)―α波(13-8Hz)―θ波(7-4Hz)―δ波(3-0・5Hz)に分類されます。

■『天国放送7・5Hz』 dec 8, 2013 – buy zyban online without rx, buy zyban (bupropion) online, buy bupropion online, buy zyban (zyban sr) online, buy bupropion online. buy baclofen online now baclofen is a medication called an in case you overdose, you need to get an emergency medical assistance . …私たちの師であるサンソン教会の李天秀(イ・チョンス)牧師は、この脳波に着目して『脳波神学』という切り口で、聖書が示している霊性を整理しました。そしてα波とθ波の間に、7・5Hzの “π波”という脳波を見いだし、これが外なる人と内なる人(天と地)の境界線だといいます。なぜ7・5Hzかと言うと、赤ん坊の脳波が7・5Hzであり、また、宇宙の平均波も同じ7・5Hzだからです。それでギリシヤ語で赤ん坊を指す「パイドン」、また(宇宙)万物を指す「パンタ」の頭文字πにちなんで“π波”と名付けています。ですから私たちが脳波を、この“π波”に合わす時、天国(霊)の通路が開かれるのです。心にイエス様を受け入れる時、主の臨在意識が“π波”を生じさせるのです。そのための方法が異言です。異言によって『天国放送7・5Hz』にチューニングして(主とひとつとなって)、霊のことばを聞くことが出来ます。

■耳鳴りがする…以前、生柄兄が、「異言で祈っていると耳鳴りのような音がする」とおっしゃっていましたが、まさに異言によって脳波を7・5Hzにチューニングしていることの証しに他なりません。

■結び…今週一週間、脳波を高めようとする誘惑を遠ざけ、異言の祈りによって『天国放送7・5Hz』にチューニングして、主の祝福と恵みに満たされた一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ