Posted on 03/06/2011 at 09:46, by matsumoto

主日メッセージ要約『友をつくりなさい』(2011.3.6)

モーセが神の家全体のために忠実であったのと同様に、イエスはご自分を立てた方に対して忠実なのです。(ヘブル3章2節)

buy prozac online no prescription canada, prozac cost per pill, prozac discount prozac without insurance, order prozac online c.o.d, fluoxetine 20 . online, prozac mg , prozac price , prozac price canada, prozac price india cheap fucidin ■はじめに…先月の終わりから3月2日まで、(移動日含めて)約10日間のインド旅行から家内(眞津代牧師)が帰って来ました。旅行中は“インド時間”で相当なストレスを感じたそうですが、朝のミサ(礼拝)では、激しい聖霊の感動を覚えたとのこと。また、ハンセン病患者の人たちが手を合わせながら、笑顔で歓迎してくれた時、その愛に泣けてきたとも。もうそれだけでインドに行った意義は大きかったと思います。旅行費用は、今回の旅行を企画したリーダーの知人からの負債。感謝の気持ちとともに返済していきたいものです。

■忠実…さて、今日のみことばのテーマは「忠実」。モーセは神の家のために、しもべとして忠実に仕えました。イエス様は、御子として父なる神様に忠実でした。では、私たちは…?

generic for dogs prozac 100mg order fluoxetine online order prozac for dog 20 mg for can you buy prozac online uk prozac cost walmart fluoxetine hcl 60 mg ■小さい事に忠実…イエス様は、「小さい事に忠実な人は、大きい事にも忠実であり、小さい事に不忠実な人は、大きい事にも不忠実です」(ルカ16章10節)と、おっしゃいました。その小さい事の中味はと言うと、“友をつくりなさい”(同9節)と言うことです。

■友のつくり方…では、どうやって友をつくるのかと言えば、負債を減免することによって、です。霊的には“赦す”ことです(ルカ17章4節)。人生でつまずかない人はいません。イエス様も、「つまずきは避けられない」とおっしゃっています。程度の差こそあれ、放蕩したり、乱費したりという人生経験をするものです。私たちもそうです。しかしイエス様が(債務証書を十字架に貼り付けにして)赦して下さったが故に、私たちはクリスチャンとして新しい人生を生きて(生かされて)います。罪赦されたクリスチャンとして、関わりの与えられた一人ひとりの負い目を赦し(負債を減免し)、友を得るなら、主が、まことの富を任せて下さいます。

3 days ago – tablets, a wonder belly of buy fluoxetine hcl online online online at at. efficacy of brand- name vs. generic fluoxetine resources, detect levels as  ■結び…新しい週、主から与えられた“赦す権威”を惜しみなく行使して、多くの友を得られるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ