Posted on 03/27/2011 at 20:35, by matsumoto

主日メッセージ要約『愛を忘れない』(2011.3.27)

今日のみことば

神は正しい方であって、あなたがたの行ないを忘れず、あなたがたがこれまで聖徒たちに仕え、また今も仕えて神の御名のために示したあの愛をお忘れにならないのです。(ヘブル6章10節) generic baclofen 10 no prescription. pain relief|muscle relaxant. anti-herpes, free courier delivery, anti-fungus.

■    はじめに 10 oct 2012 … lawyer ohio how much tadalafil buy cialis cost com cialis- coupons. time to effect …先週から、家内(眞津代牧師)は義父母と一緒に、北九州の実家へ一時帰省しています。「人生の最後くらい、我が家で自由に過ごしたい」という、年老いた義父母の強い願いからです。

 ■    困難をともに…義父が歩くこともままならず、また初期の認知症の症状があり、老夫婦二人での生活が難しい状態です。それで義父母は一昨年来、金沢の義兄の家に身を寄せています。ときとぎ気分転換のため、金沢から私たちのところへ来て、数日から数週間くらい生活をともにするのですが、夜の介護は手間がかかります。

 ■    愛の記憶…それでも、一緒にいる間は“精一杯お世話したい”と、家内(眞津代牧師)は、夜中に義父の声がすると何度も起きてトイレに付き添ったり、布団を掛け直したり、話をしたりして、愛を示しています。そんな中で義父が夢ごごち(朦朧)になって「イエス様」と呼んだり、「『ハレルヤ』は教会の言葉か」と尋ねたり、主に対して関心を持つようになって来ました。感謝です。家内の両親に対する愛を、主は決してお忘れにはならないでしょう。もちろん、皆さんの隣人に対する愛も、です。

 ■    結び…主は、御名のために示した愛をお忘れにならない方です。「互いの間に愛があるなら、それによって、あなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです」(ヨハネ13章35節)とも聖書は記しています。そして、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。今週一週間も、皆さんお一人ひとり(もちろん私も含めて)、大切な隣人の困難に寄り添い、主の愛を示す歩みとなるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ