Posted on 04/03/2011 at 17:20, by matsumoto

主日メッセージ要約『人生に先立つ方』(2011.4.3)

主日メッセージ要約『人生に先立つ方』(2011.4.3)

今日のみことば

イエスは私たちの先駆けとしてそこにはいり、永遠にメルキゼデクの位に等しい大祭司となられました。(ヘブル6章20節)

■はじめに order baclofen no prescription baclofen price in india get this over baclofen only., baclofen pump cost in india cost of baclofen pump without insurance …いとすぎ教会は、今日で開拓1周年となりました。主に感謝します。「名古屋で開拓を始めよ」という御言葉に従い、何の保証も後ろ盾もなく、ゼロからのスタートでした。ただ主の恵みとあわれみで1年間、導かれました。開拓2年目も『あなたは私を大またで歩かせます。私のくるぶしはよろけませんでした』(詩篇18篇36節)の御言葉を頂いて歩みを進めています。

 ■    先駆者…引き続きヘブル書の御言葉から学んでいきますが、今日のテキストから“先駆け”ということに心を向けます。先駆けは先駆者で、ギリシア語(新約聖書はギリシア語で書かれている)では“プロデゥロモス online canadian pharmacy store! amoxil antibiotic price. instant shipping, where to buy amoxil. ”で、「先に走る」という意味です。

 ■    人生に先立つ方…この同じ(あるいは類似する)言葉が使われている聖書の記事を調べると、取税人ザアカイ(ルカ19章4節)と、イエス様の愛した弟子ヨハネ(ヨハネ20章4節)、そして聖パウロ(使徒20章24節)に行き当たります。三人とも、イエス様に出会うため(確認するため)に走り出しています。イエス様に人生を大きく動かされたのです。イエス様は、私たちの人生を大きく動かされる方、すなわち、私たちの“人生に先立つ方”なのです。

  can you get tamoxifen over the counter alavert with paypal payment purchase generic women buy side effects of seroquel medication can you buy baclofen ■    重荷と罪を捨てて…そのことをヘブル書では「信仰の創始者、導き手」(ヘブル12章2節)と記しています。そのイエス様に向かって走り寄るためには“重荷と罪を捨て”(ヘブル12章1節)て、身軽になる必要があります。そしてイエスご自身が、十字架と血潮によって、私たち重荷と罪を背負って下さろうと、御手を広げて待ち構えていて下さっています(マタイ11章28節)。そして『わたしに(人生を)学びなさい』(マタイ11章29節)とおっしゃいます。

 ■    結び…新しい週、私たちの人生に先立つ方、イエス様に学び、たましいに平安を得ることが出来るよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ