Posted on 04/17/2011 at 21:57, by matsumoto

主日メッセージ要約『神に喜ばれる奉仕』(2011.4.17)

主日メッセージ要約『神に喜ばれる奉仕』(2011.4.17)

こうして私たちは、慎みと恐れとをもって、神に喜ばれるように奉仕をすることができるのです。(ヘブル12章28節b)

■ はじめに…原発事故による放射能汚染は、いっこうに収まる気配はありません。その一方で、心ある人達による義援金の募金活動や、ボランティアの働きも活発になっています。伝道者の書に“労苦の中にしあわせを見いだすこともまた神の賜物”(3章13節)と記されてあるように、神様はこの国難の時に私たちに“与える(贈与する)”ことの幸いを示して下さっています。

 ■    主を恐れ…『無い袖は振れぬ』という諺がありますが、私たち(とりわけキリスト教会)を取り巻く現実を見ると、財も力も無いので、どうすることも出来ないと無力感を感じます。しかし、聖書のみことばは財と力ではなく、“慎みと恐れ”をもって奉仕するように語りかけています。言い替えれば“神様に対する信頼と畏敬”を持って奉仕に当たりなさいと言うことができます。逆に言えば estradiol level 73 estradiol australia generic estrace cream cost ethinyl estradiol online estradiol gel australia. dienogest 2 mg ethinyl estradiol 0.03 mg estradiol 、“自分に頼るな”と言えるでしょう。

purchase viagra cheap cialis samples without perscription where to buy overnight delivery from cipla uk mastercard of free us. free cialis samples without …  ■    現実を恐れず…神殿再建に先立って預言者として建てられたハガイに、主は「仕事に取りかかれ」「私の霊があなたがたの間で働いている。恐れるな」(ハガイ2章4、5節)と語られました。主ご自身が、私たちの内で働かれるのです。それが霊的な現実です。あとは私たちが主の働きに心を開き、主を内側に迎え、身体を差し出しさえすれば、御心が実現するのです。ハレルヤ!

 ■    結び…労苦の中にしあわせを見いだす賜物を私たちに与えて下さっている主に信頼し、隣人に与える一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ