Posted on 05/08/2011 at 10:17, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『新しいいのち(こんにちは、航世くん)』(2011.5.8)

主日礼拝メッセージ要約『新しいいのち(こんにちは、航世くん)』(2011.5.8)

buy cheap generic zithromax cheapest prices pharmacy. can i buy doxycycline online . instant shipping, buy doxycycline bangkok. purchase zithromax 今日のみことば

generic duloxetine. buy duloxetine hcl buy prozac online no prescription. buy online cymbalta buy fluoxetine online no prescription uk. cymbalta questions. 初めに、ことばがあった。ことばは神とともにあった。ことばは神であった。(ヨハネ1章1節)

■    はじめに…昨日5月7日(土)午後12時43分、航世(こうせい)くん(孫)が生まれました。母子ともに元気ですが、家内(眞津代牧師)は、緊張が一気にほぐれたのでしょう。あたかも自分が出産したかのように疲れ果て、お風呂にも入らず、化粧も落とさず死に寝しました。今朝は、礼拝直前まで、航世くんのために、おむつを洗濯カゴいっぱい、洗濯して準備していました。またお兄ちゃんになる潤成くんも「こうせいくんだいすき」「こうせいくんにパジャマあげる」と大歓迎の姿勢です。

■    ことばがあった…さて、航世の名前の由来は「世界に向かって飛び立つ飛行機のように、世界にはばたいていって欲しい」という両親の願いから(のよう)です。親は、生まれる前から子に対して思いを込めて名付け、すべてを準備して、そのいのちの誕生を待ちわびます。同様に、天地創造の父なる神様も、創造以前にすでに、つまり『初めのさらに初め』に、“ことば”とともにあったのです。そして驚くべきことに「すべてのものは、この方によって造られた」(ヨハネ1章3節)、「わたしは神のかたわらで、これを組み立てる者であった。わたしは毎日喜び、いつも御前で楽しみ、神の地、この世界で楽しみ、人の子らを喜んだ」(箴言8章30、31節)と、その“ことば”が世界を創造したことが記されています。そしてこの“ことば”が実は、イエス・キリストだと、聖書は記しているのです。

■    闇の中に光…残念ながら、イエス・キリストが全世界を、そして私たちを創造したにもかかわらず「世はこの方を知らなかった」「受け入れなかった」(ヨハネ1章10、11節)のです。今でも、この状況は変わりません。しかし、世の闇(あるいは、こころの闇)の中に、光として、いのちとしてイエス様が来られようとしているのです。この真実を受け入れるとき、神の子とされる特権が与えられています(同12節)。

■    結び…世界の創造の初めからおられ、永遠のいのちを与えて下さるイエス様をこころに歓迎して、世の光としての使命を果たしていく一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ