Posted on 06/12/2011 at 08:37, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『非現実的な夢想家として』(2011.6.12)

主日礼拝メッセージ要約『非現実的な夢想家として』(2011.6.12)

今日のみことば

宴会の世話役はぶどう酒になったその水を味わってみた。(ヨハネ2章9節)

■    はじめに…ノーベル文学賞にもっとも近い作家、村上春樹氏が、先週9日、カタルーニャ国際賞(スペイン online pharmacy fluoxetine effectiveness of generic fluoxetine buy fluoxetine buy fluoxetine online no prescription fluoxetine and generic version of paxil カタルーニャ lioresal 10 mg, buy cheap baclofen , baclofen tablets, purchase baclofen , lioresal mg, buy baclofen online, buy lioresal online – extra low prices ! 自治州 zoloft ( sertraline hydrochloride) – planetdrugsdirect.com provides cheap zoloft 25mg, 50mg, 100mg, and its generic equivalent drugs online with free shipping  政府が文化的または学問的に世界でめざましい活躍をした人物に贈られる賞)の授賞式で、スピーチをしたことが報道されました。そのタイトルが『非現実的な夢想家として』。そのスピーチの最後で、村上氏はこう語っています。「夢を見ることは小説家の仕事です。しかし我々にとってより大事な仕事は、人々とその夢を分かち合うことです。」

 ■    夢を分かち合う…今日は、ペンテコステ(聖霊降臨日=教会の誕生)を記念する礼拝です。ほぼ2千年前、聖霊に満たされたペテロは「青年は幻を見、老人は夢を見る」(使徒2章17節)と、声を張り上げて語りました。“夢”は、「あなたが好きな漢字一字は?」というようなアンケート調査のベスト10に入ります(その他には、愛、心、誠など)。その夢に託されているのは、「本当の豊かさ」でしょう。その本当の豊かさが「聖霊」だと、聖書は語っています。 capsules. buy viagra cheap fed ex. 聖霊をすべての人に分かち与えようというのが、創造の主のみこころです。

 ■    恵みを味わう…聖霊の分与は、恵みです。それも空前絶後の恵みです。私たちがいまだかつて経験したことのない恵みの連鎖です。砂漠で水が必要なように、婚宴にはぶどう酒が必要(だった)です。そして、私たちの人生には聖霊が必要不可欠なのです。恵みは知識(頭)ではなく、体験(体)の出来事です。聖霊に対する知識が必要なのではなく、それを飲むこと、味わうことが必要なのです。主(神様)は、不完全な私たち(6つの水かめ)を、良いもので満たして下さろうとしておられるのです。

 ■    結び…今週、今まで経験したことのない恵みで、私たちを満たそうとご計画されている主に信頼し、ともに栄光をお帰ししましょう。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ