Posted on 07/03/2011 at 08:07, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『出会いの創造主』(2011.7.3)

主日礼拝メッセージ要約『出会いの創造主』(2011.7.3)

写真=大賀ハス。大賀一郎博士(内村鑑三門下)が2千年前の種から発芽させた古代ハス(2011年7月3日朝撮影、春日井市潮見坂平和公園)

buy cialis online – a ukmedix “must read” guide. what makes cialis an effective … 今日のみことば

しかし、わたしが与える水を飲む者はだれでも、決して渇くことがありません。わたしが与える水は、その人のうちで泉となり、永遠のいのちへの水がわき出ます。(ヨハネ4章14節) buy cialis low price, extra discount! cialis canada cheap cialis tablets

■    はじめに…先週から一気に夏がやって来たかのように、連日、暑い日が続いています。カンカン照りの太陽の下に出るのは避けて、日中はなるべく家の中に居るのが賢明です。(ただ外で仕事をしている方は、暑いからといって仕事を休む訳にはいかないですから、熱中症に気をつけてお仕事して下さい)

■    出会い…ユダヤ人とサマリヤ人はつきあいをしなかったので、ユダヤ人はサマリヤの町に入ることを避けていました。しかしイエス様は、あえてサマリヤの町を通りました。イエス様の伝道は、その始めから不眠不休、旅に次ぐ旅の日々でした。「人の子には枕する所もない」(ルカ9章58節)とイエス様はおっしゃいました(何と、これもサマリヤでのことです)が、そんな旅の疲れを覚えられて、井戸のかたわらに腰をおろしておられる所に一人のサマリヤの女が水を汲みにやって来ました。それは水を汲むには適さない暑い真昼でした。そしてイエス様は、その女に「水を下さい」と願われました。人間的な標準(はかり)では決して出会う可能性はなかった二人が出会ったのです。

■    くむ物…この出会いに驚く女に対して、イエス様は「あなたが私のことを知っていたなら、むしろ、あなたの方が私に水を求めたでしょう」と不思議なことをおっしゃいました。そのイエス様に女は「あなたはくむ物を持っていないのに、どうやって水を手に入れるのですか」(11節)と問い返します。飲み水を得るためには頭の載せられる程度の桶が要りますが、いのちの水を得るためには、その程度の物では足らないのです。なぜなら、神は聖霊を“無限(量り無し)”(ヨハネ3章24節)に与えられる方だからです。“くむ物”は、桶ではなく、主ご自身との“出会い”そのものです。主と出会うとき、私たちの腹の底から、いのちの水が泉となって湧き出てくるのです。

■    サマリヤを通って…イエス様は徹底して無力な人間としてこの地に生きられましたが、決して人間的な考えでは行動されませんでした。ユダヤ人が決して通らなかったサマリヤの町を通り、サマリヤの女とことばを交わされました。自己保身や名誉のためではなく、隣人(私たち)のいのちが生きるために行動されました。まっすぐに十字架の道を歩まれたのです。いのちの道を切り開いて進まれた生涯でした。

■    結び… buy estrace online, best price estrace cream, when is the best time to take estradiol and prometreium. 今週、主が与えて下さったいのちの水、聖霊に溢れ、喜びとともに隣人と出会っていく歩みとなるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ