Posted on 07/10/2011 at 09:08, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『自分の水がめを置いて』(2011.7.10)

主日礼拝メッセージ要約『自分の水がめを置いて』(2011.7.10)

aug 22, 2009 – buy baclofen without prescription, my baclofen experience, purchase baclofen , baclofen from canada , baclofen from mexico, order  今日のみことば

女は、自分の水がめを置いて町へ行き、人々に言った。「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか。」(ヨハネ4章28、29節)

■    はじめに…先週、財布(と言ってもいつも中には千円ですが)を忘れて仕事に出掛けてしまいました。持っている時は気にならないのですが、いざ無いとなると不安になるものです。

 ■    水がめを置いて… cheapest prices pharmacy. buy prednisone 5mg. approved pharmacy, buy cheap prednisone . イエス様と出会ったサマリヤの女は、“水がめを置いて”人々の中へ出て行きました。「水がめ」は、言うればいのちそのものだったはずです。水がめに水を満たすことが、人生そのものだったと言ってもいいかも知れません。

 ■    手段と目的…ともすると私たちにとって、「お金を得ること」が人生の目的になっている場合が往々にしてあります。それは“食べるため”と言い替えることが出来ます。食べること、生き延びることが本当に人生の目的でしょうか? それは手段です。本当の目的は別のところにある、そう聖書は語っているのです。

 ■    みこころを行う…イエス様は、「みこころを行い、そのみわざを成し遂げること」が、私の食べ物だ、そうおっしゃいました。その「みこころを行う」とは、教え、伝え、いやす(マタイ9章35節、10章1節)こと、そして「みわざを成し遂げる」とは、霊とまことをもって(の中で)礼拝する(ヨハネ4章23節)ことです。「水がめ」とは古い自分(世の霊)です。みこころ以上に大切にしているものです。それを置いて(棄てて)、新しい自分(神の霊)に生きる者となる、すなわち感謝と喜びと平安の中で生きる、真の礼拝者として生きる、みこころを生きる、それが私たちの真の人生の目的です。自我を超え、無意識を超えた、超意識(キリスト意識、神の国意識)に生きることです。

 ■    結び… in hard cases a dose raise to buy dapoxetine priligy online, or to 150-200 ml (6-8) . of priligy , or of treatment feeding by priligy buy europe , and by a breast stop. 新しい週、自分が最も大切だと思い、執着しているものを置いて、主の下さった自由で軽やかな歩み、みこころを第一とする生涯の一歩一歩をあゆんで行けるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ