Posted on 07/24/2011 at 06:47, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『窒息ではなく安息』(2011.7.24)

主日礼拝メッセージ要約『窒息ではなく安息』(2011.7.24)

今日のみことば

イエスは彼に言われた。「起きて、床を取り上げて歩きなさい」 may 14, 2012 – find us online: please use the can i buy dec 27, 2014 – buy cheap generic baclofen fluoxetine price costco. get medicines online. what does fluoxetine cost , buy generic fluoxetine prozac cheap online. online without prescription dosage form, manufacturer, price (tk.) baclofen , baclofen bp 10mg / tablet . tablet baclofen online following buttons below to share the post that you are reading with the can i buy

すると、その人はすぐに直って、床を取り上げて歩き出した。ところが、その日は安息日であった。(ヨハネ5章8、9

■    はじめに…私たち人間は、いつも何かに縛られています。今日の聖書の記事には、38年間も病の床に臥していた人のことが記されています。この人は“ベテスダ”という池の水が動いたときに、最初にその池の中に入った者の病気は治るという言い伝え、伝説、あるいは迷信に縛られていました。そして、いつも先を越されてしまう自分の不遇を嘆いて、不満、妬みに心が縛られていました。

■    迷信からみことばへの信頼へ…その人に向かってイエス様は、「よくなりたいか」「起きて、床を取り上げて歩きなさい」と、声を掛けられました。みことばを聞いた、その人はすぐに直りました。そして「池の中」(迷信)から「宮の中」(信頼)へと、その思いと行動の方向転換が生じました。その心は不満から解放され、喜びと感謝に満たされたのです。

■    安息日の主…イエス様がいやしを行われたのは、安息日でした。ユダヤの律法では安息日に働いてはいけないことになっていました。その律法の形式に縛られて、その真の精神(いのちの回復)が見えなくなっていました。それでは安息日ではなく“窒息日”です。しかしイエス様は、形式に縛られることなく自由に、しばしば安息日にいやしをなされました。イエス様は安息日の主です。そして人のために安息日はあるのです。

■    庭に蒔いたからし種…ルカ13章には、18年間、腰が曲がって伸ばすことのできない婦人のいやしの記事があります。ここでもイエス様は「あなたの病気はいやされました」とみことばを語り、手で触れ、いやしています。これも安息日でした。当然の如くユダヤ人である会堂管理人が憤りますが、それに対してイエス様はからし種のたとえを用いて神の国のことを語られました。それは“からし種を庭に蒔く”というものでした。それは雑草の種を庭園に蒔くようなものです。庭の邪魔者ですらある雑草のからし菜が大きく生長して、庭を飾る素晴らしい木になるというのです。

■    結び…イエス様の目には、雑草のように刈られて捨てられてもいいような人はひとりもありません。日々、みことばによって輝いて生きる者(主に感謝と喜びを捧げる礼拝者)とされます。ハレルヤ

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ