Posted on 08/21/2011 at 08:13, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『みことばと聖霊』(2011.8.21)

主日礼拝メッセージ要約『みことばと聖霊』(2011.8.21)

今日のみことば

わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。(ヨハネ福音書7章38節)

buy doxycycline online, doxycycline waxing eyebrows, doxycycline eye lids. ■    はじめに… buy estrace online, estrace ivf, estrace coupons, estrace cream price , go back to their office, spend estrace 1 mg twenty minutes on the estrace tablets white  先週、福岡の実家へ里帰りして来ました。車での帰郷でしたので、片道700キロ、約15時間の長旅でした。道中、『ラジオ深夜便』を聞いていると戦争体験者の生々しい体験談でした。

■    戦争は地獄…その人は、軍人ではなく、民間人としてサイパンへ移住した(させられた)人で、当時、小学5年生。その少年の目に、戦争はまさに地獄として焼き付き、思い出すと今でも涙が溢れて来ると言います。人間の尊厳も、人格も、個性も、民主主義も、愛することも、信じることも、人間として大切なものは何も無なったと言います。何が一番辛かったかと言うと、“水がない”ことが一番辛かったそうです。水たまりの水を飲んだり、自分の尿を飲んだりして渇きをいやしたそうです。

■    荒野のイスラエル人…エジプトで奴隷生活をしていたイスラエル人が、モーセに率いられ、エジプトを脱出し、荒野での放浪生活を40年間続けました。何もない荒野、まさに地獄のような荒野で、創造主なる神は、パンと水で民を養いました(出エジプト16、17節参照)。その生活を記念するための祭りをしました。

cheapest prices pharmacy. buy dapoxetine . cheapest rates, viagra with dapoxetine online. ■    祭りの終わりの大いなる日…今日の聖書の背景は、その祭りのひとつである「仮庵の祭り」です。その祭りの最後のクライマックス(祭壇の周りを“ホサナ”(詩篇118篇、聖書の中心)を叫んで回り、祭壇の西南側に設けられた柳の木(イザヤ44章4節)にシロアムの池から汲んだ水を注ぐ)のとき、イエス様が語られたみことばです。

■    みことばと聖霊…パンと水がなければ、私たちの身体は維持できないように、みことばと聖霊、すなわち、いのちのパン(ヨハネ6章35節)と、生ける水が、私たちの霊を永遠に生かすのです。それは私たちの内に留まらず、内から溢れ出て、隣人を生かす力となります。

■    結び…みことばと聖霊を豊かに注いで下さり、養い、生かして下さる主の恵みに感謝と賛美を捧げる一週間となるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ