Posted on 08/28/2011 at 08:30, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『罪のない者が、最初に石を投げよ』(2011.8.28)

主日礼拝メッセージ要約『罪のない者が、最初に石を投げよ』(2011.8.28)

今日のみことば

けれども、彼らが問い続けてやめなかったので、イエスは身を起こして言われた。「あなたがたのうちで罪のない者が、最初に彼女に石を投げなさい。」(ヨハネ福音書8章7節) mar 1, 2014 – order baclofen online buying baclofen from singapore 10mg baclofen cheap cheapest price generic baclofen canada buying baclofen 

■    はじめに… buy estrace online no prescription the online drugstore: online pharmacy – prescription cheap price order estrace without: pharmacy online residency  先週、長野にあるオリーブ山教会から「李天秀師の著書を送って下さい」というメールがありました。開拓を始めて間もない教会のようですが、李先生の著書を通して、主の愛を分かち合う教会として成長するよう、私たちも祈りたいと思います。

oct 7, 2011 – .de/profiles/blogs/reductil- online -rezeptfrei-reductil-sibutramine- kopen – fluoxetine – online -purchase- fluoxetine buy fluoxetine online europe,  ■    オリーブ山…人々は自分の家路へとつきましたが、イエス様は、オリーブ山へ行かれたと、8章の最初に記されています。羊飼いが、寝ずの番をして羊を守るように、イエス様は、主の愛する人々を守るために夜を徹して祈られたことでしょう。そして翌朝早く、宮へ出向き、福音を説き始められました。既に宮には、父なる神様に礼拝を捧げる人々が集まっていました。徹夜の祈り、そして早天礼拝を、主は喜ばれます。

■    女を石打ちに…そこへイエス様のことを好ましく思わない律法学者とパリサイ人が、姦淫の現場で捕らえた女性を連れて来て、イエス様に詰問しました。「モーセの律法では、こういう女は石打ちにと命じていますが、あなたは何と言われますか?」

■    指で地面に書く…詰問する律法学者たちの前で、イエス様は身を屈めて指で地面に何かを書き始められます。何を書かれていたのでしょうか? 一説によると、宮の地面に埋められた敷石を取るしぐさをしていた、というものがあります。これイエス様の愛のユーモアを込めたアイロニー(皮肉)で、“石はあるけれども取ることができないでしょ?”ということです。

■    律法の真髄…私は今、再びヘブル語を学び直していますが、テキストに使っている文法書の中に、十戒の一節がありました。「殺してはならない」。第五戒です。これは命令のようですが、書かれたヘブル語の用法そのままに訳すと、「あなたがたは決して殺すことはしないでしょう」。何と信頼に満ちたことばでしょう。モーセの律法によってイエス様を陥れようと企む律法学者たちに対して、モーセの律法でイエス様は教えられたのだ、そう啓示を受けました。主は言われます。「罪のない者が、最初に石を投げよ」

■    結び…今週一週間、人間関係の中で難しい場面に遭遇したとき、主の下さる愛の霊知によって、イエス様の愛を行えるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ