Posted on 09/04/2011 at 17:57, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『物乞いから礼拝者へ』(2011.9.4)

主日礼拝メッセージ要約『物乞いから礼拝者へ』(2011.9.4)

lioresal 10 mg, buy cheap baclofen, baclofen tablets, purchase baclofen propecia 5 years propecia reviews , lioresal mg, buy baclofen online, baclofen mg. 今日のみことばイエスは答えられた。「この人が罪を犯したのでもなく、両親でもありません。神のわざがこの人に現われるためです。(ヨハネ福音書9章3節)

generic cialis from india, buy cheap cialis – pill store, best prices! … has all the  

■ はじめに…創世記1章に記されてあるように、この世(すなわち夜)は、闇の世界です。そこで創造主なる神は“光あれ!”とおっしゃり、光を創造されました。このようにして私たちが『見る』ことのできる環境を創られました。ただし、『ことば』によって見え方が違って来ます。私たちが、どんな『ことば』に聞き従うかによって私たちの人生は違ってきます。

■ 神のわざ…今日の聖書の記事は、盲人の目が開かれたという奇跡が記されています。当時、病気の原因は罪による、そのように考えられていました。目が見えないのは罪の結果だと、誰もが考えていました。しかしイエス様は「神のわざ現れるため」(3節)とはっきりと断言されます。神の新しい創造の始まりがそこ(病気)にあるのです。

■ 安息日…そして、イエス様は目の見えない人をいやされました。ただ、またもやこの日は安息日でした。安息日には働いてはならないというのが、律法でした。パリサイ人たちにとってイエス様の行為(つばきで泥をこねて目に塗る)は断じて許される行為ではありませんでした。

■ 見る…イエス様の弟子たちやパリサイ人の目には、目の見えない人とイエス様が罪と律法違反にしか見えませんでした。私たちの目は、この世を見るとき、どんな風に見えているでしょうか? では『見える』ということには、どんな目的があるのでしょうか?

 ■ 主を見る…それは目の見えない人の人生が、見えるようになってどのように変化したかを見ると①主を見、主を拝する、②主の栄光を現す、証しする、③主の時を見る、この3点が光の子とされた人の人生です。つまり物乞い(受ける)の人生から与える(主を拝する)人生、霊的、創造的な人生を生きることです。(ただ見よう、見ようと必死になり過ぎることには注意が必要です。大切なものを見失ってしまう危険がありますから、ホッと一息、真の安息が必要です)。そのために主ご自身が“世の光”となられました。

■ 結び…今週一週間、イエス様の光のみことばに照られ、光の子としての人生を歩まれるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ