Posted on 10/09/2011 at 09:04, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『心を騒がせなくてよい』(2011.10.9)

主日礼拝メッセージ要約『心を騒がせなくてよい』(2011.10.9)

nov 26, 2014 – buy prednisone online where can i buy prednisolone for my dog. online in uk; buy prednisone without prescription can i buy prednisolone in spain buy prednisolone 1 mg. do you need buy prednisolone cats ? you are 

今日のみことば

あなたがたは心を騒がしてはなりません。神を信じ、またわたしを信じなさい。 order baclofen online buy baclofen canada baclofen buy buy baclofen online baclofen order online canada cheap baclofen no prescription purchase baclofen

(ヨハネ福音書14章1節)

■    はじめに…先週、マザー・テレサ写真展のために来られた是枝律子姉を、我が家へ招いて一緒の夕食をともにしました。その際、「立派な家に住んでるね」と、我が家を誉めてくれました。借家で、また決して広くはない家ですが、私たち自身も大変満足しています。それは、この家(教会)は、主が準備して下さったと信じているからです。この地上での住処が、これほど恵みに満ちているなら、天国の住まいは!

■    場所を備えに…イエス様は、「あなたがたのために、場所を備えに行く」(2節)とおっしゃいました。これは十字架にお掛かりになられる直前の、最後の晩餐の席で語られたことばです。目前に痛みと苦しみ、悲しみの極みが待っている中でのことばです。「場所を備えに行く」ということばから、当時のユダヤの人々が想起するのは、“婚宴”での出来事です。それは、そこで婚約が成立した時、花婿が急いで自宅へ戻り、新居を備え、花嫁を迎えに来るという、ユダヤの婚礼の風習です。「場所を備えに行く」とイエス様がおっしゃったのは、弟子たち、すなわち私たちとの結婚の約束が成立してのことなのです。

■    心を騒がさなくてもよい…弟子たち、そして私たちの現実の姿は、イエス様に対して、すぐに信頼を失い、自分の命を守るためにイエス様を裏切り、見捨てるような姿です。にもかかわらず、それを承知の上で、イエス様は私たちを世の始まる前から愛し、終末のその先に至るまで愛し通されることを、みこころとしておられのです。だから「心を騒がさなくてもよい(おびえなくてもよい)」と勧めておられるのです。神様は約束したことを成し遂げられます。人はそれをくつがえすことは出来ません(民数記23章19、20節)。今、目の前の状況がどんなに暗くても、また、自分の心がどんなにまとまりがつかなくても、主ご自身が道(生き方)であり、真理(確実)であり、いのちです。聖霊が私たちの内側を平安で満たして下さいます。

buy fluoxetine online , fluoxetine hcl 30 mg, fluoxetine hcl 20 mg effects.

■    結び…今週一週間もまた、主にある平安の中で、おおらかに、伸びやかに過ごされるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ