Posted on 10/16/2011 at 18:06, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『まことのぶどうの木』(2011.10.16)

主日礼拝メッセージ要約『まことのぶどうの木』(2011.10.16)

今日のみことば

わたしはまことのぶどうの木であり、わたしの父は農夫です。(ヨハネ福音書14章1節) fluoxetine sales worldwide fluoxetine by mail order fluoxetine low price no prescription fluoxetine buy fluoxetine online without prescription

■    はじめに…いつもこの秋の時期になると、庭木の剪定に庭師さんが来てくれます。窓から愛でる梅、カエデも見事に刈り込まれ朝日をいっぱいに受けて気持ちよさそうに見えます。

buy cialis online without a prescription – free delivery! lowest cialis price.

■    まことのぶどうの木(イエス様)…さて、今日のみことばでイエス様はご自身のことを“まことのぶどうの木”とおっしゃっています。この“まこと”というのは、「道であり、真理であり、いのちなのです」(14章6節)の“真理”と同じことばです。これは“確実”という意味です。まさに実を結ぶことが約束されているということです。

■    枝(私たち)…木が直接、実をつけるのではなくて、枝に実はなります。良い実をつけるためには、枝は刈り込まれなくてはなりません。また、肥料をやったり、害虫駆除など、丁寧に手入れされなければなりません。我が家の梅の木も大きな立派な実をつけるのですが、今年は害虫にやられて収穫できず、梅ジャムが食べられませんでした。イエス様は私たちのことを“枝”にたとえられました。「からみつく、編み合わせる」という動詞から出来ていることばです。ぶどうの木なるイエス様にからみつき、編み合わされるなら、その枝、つまり私たちは実を結びます。

■    農夫(父)…そして、さらにもっと多くの実を結ぶために、刈り込みをされます。イザヤ書に「槍をかまに打ち直し」(イザヤ2章4節)とありますが、この“かま”は、ぶどうの枝を刈り込むハサミのことです。そのイザヤの預言は「槍をかまに打ち直し(…)二度と戦いのことを習わない」と続きます。万軍の主は、平和の主、農夫なのです。そしてアモス書の最後では、「廃墟を復興し(…)ぶどう畑をつくって(…)彼らの地に植える」(アモス9章)と平和と繁栄の回復の姿を語っています。それは、まことのぶどうの木なるイエス様に編み合わされた私たちの姿です。

■    結び…今週一週間も、イエス様にからみつくように信頼して人生の歩みを続けられるよう、祝福して祈ります。

order baclofen online with no prescription! baclofen sales in usa http:// rebizsearch.com/1/b_4.jpg » quality medications at low prices » no pres

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ