Posted on 11/13/2011 at 19:45, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『しんがりの祈り』(2011.11.13)

主日礼拝メッセージ要約『しんがりの祈り』(2011.11.13)

今日のみことば 14 oct 2013 … buy female viagra online without prescription information page. cheapest prices

アロンとフルは、ひとりはこちら側、ひとりはあちら側から、モーセの手をささえた。それで彼の手は日が沈むまで、しっかりそのままであった。(出エジプト記17章12節)

1 day ago – cheapest estrace over the counter estrace cream cheap estrace india best place to buy estrace online over the counter estrace cream how long 

■    はじめに…知り合いから校正の依頼を受け、先週から『聖書の脈をつかめ』(ムン・ボンジュ著)というタイトルの本の校正を手がけています。ざっと見積ってみると総文字数が40万文字。締め切りが12月末なので非常にタイトなスケジュールです。

■    助け手…そんな訳で、休日を使い、また寝る間を惜しんで作業をしています。しかし私も生身の人間。限界があります。それで助け手として、家内と娘が、最終校正と祈りとで、支えてくれています。助け手があってこそ、困難や試練に立ち向かい、ミッションを成し遂げることができます。モーセが祈り、その祈りをアロンとフルが支えて、戦いに勝利したのと同じように、です。

■    祈りの連鎖…といっても、助け手も人間、これもまた限界があります。ですからその助け手の、そのまた助け手が必要です。このとりなしの祈りのチームが教会です。教会には祈りのリクエスト、課題がたくさん集まります。それは教会の祈りに力があるからです。それでよく「祈ってくれてたんでしょ。ありがとう」ということばを聞きます。ではなぜ、教会の祈りには力があるのでしょうか?

■    しんがりの祈り…それは、絶対に祈りの手を下ろさない方が教会の頭だからです。それがイエス様です。十字架にその両手を釘づけになられ、最期の最期まで、否、最期を越えて永遠に、祈り抜かれるお方です。決して渇くことのない、いのちの水で私たちの霊を潤し、私たちの人生の歩みの御旗(アドナイ・ニシ)となり、しんがり(最後尾)となり、そして、主ご自身が道となって、すべてを成し遂げて下さいます。アーメン! ハレルヤ!

“ buy cheap generic fluoxetine online without prescription” get fluoxetine otc supplements without prescription. fluoxetine is used for treating premenstrual 

■    結び…今週一週間も、主のとりなしの力を受けて、苦難を乗り越えて歩める幸いを感謝します。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ