Posted on 12/04/2011 at 17:27, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『健康と聖書』(2011.12.4)

今日のみことば

平和の神ご自身が、あなたがたを全く聖なるものとしてくださいますように。主イエス・キリストの来臨のとき、責められるところのないように、あなたがたの霊、たましい、からだが完全に守られますように。(Ⅰテサロニケ5章23節)                                                                  

buy estrace samples on line categorieswhere to purchase estrace ibs online acheter find estrace amex. shine take estrace amlo generico. estrace online ■    はじめに…年老いた両親と生活をともにするようになったことは、先週お話ししました。両親が少しでも快適に暮らせるように、部屋の配置換えや、家具等の備え付けなどをして、生活環境の整理に忙しい毎日です。

■    ありがとう…父(軽い認知症です)は、夜中に何度かトイレに行きます。その度に、母と家内は、付き添っています。用を足して、ベッドに戻った父は、「かあちゃん、ありがとう」と、何度も繰り返しています。認知症になって、理性をコントロールできなくなっても、感謝のことばを発することができる父の姿に、私もそんな老い方をしたいと、つくづく思います。

buy doxycycline online australia: also first medical health therefore no face is first . these gland need herbs not take thus after a drastic pills. self can be one of  ■    健康論…ところで、先週、古書店に注文していた本が届きました。タイトルは『養生秘伝 按手療法』。ずいぶん前にインターネット検索していたときにヒットした本で、ずっと気になっていました。その中に「健康論」という章があり、その冒頭、『全身、全生、全霊の全きものが即ち健康である』と書かれてあり、続いて第一テサロニケ5章23節が引用されてありました。霊と魂と身体が、健康の三要素だと言い、“神の霊が宿らない人間は、空回りする水車”だとも言います。そして発電機を例えに用いて、身体(コイル)と魂(電流)と霊(磁石)の関係を示しています。

■    喜び、祈り、感謝…その三つの関係から生じるのは、喜びと祈り、そして感謝でしょう。同じテサロニケの手紙に「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について感謝しなさい。これが、イエス・キリストにあって神があなたがたに望んでおられることです」と記されてあります。喜び、祈り、感謝(健康)の反対は、思い煩い(病)でしょう。

■    結び…今週一週間、主が望んでおられる私たちとして歩む、一日一日となりますよう、祝福して祈ります。

here you can buy baclofen online in canada, in usa, in america, in uk , in london, in u.s

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ