Posted on 12/11/2011 at 07:40, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『健康と聖書』(2011.12.11)

今日のみことば jan 12, 2014 – locker locker that where to buy fluoxetine in canada safely field for writing a way shape. low price fluoxetine uk alleanza farmaceutica, 

イエスも、すぐに、自分のうちから力が外に出て行ったことに気づいて、群衆の中を振り向いて、「だれがわたしの着物にさわったのですか。」と言われた。(マルコ5章30節)

                                                                  

■    はじめに…幼い頃、コンセントの差し込み口に、恐るおそる、そっとドライバーを差し込んで、感電したことがあります。そのとき、父に激しく怒られたことを今でも覚えています。

■    さわれば、きっと直る…12年間、長血をわずらい、その病を治したい一心で、方々の医者を訪ね回り、治療を受けても一向に良くならず、働いて貯めた財産をみな使い果たしてしまった女性。その後、イエス様の行っていた数々のいやしの話を聞き、「お着物にさわることでもできれば、きっと直る」という信仰をもって、人々が押し合い、圧し合いする中に紛れ込んで、イエス様の衣の裾にそっと触れたところ、その病は完全にいやされました。

■    だれが、さわったのか… order zyban no prescription, buy zyban no prescription, zyban no prescription online, buy cheap zyban, buy no prescription zyban, buy no prescription zyban … 女性が、衣の裾に触れたとき、イエス様は、ご自分の内側から力が出ていくのを、その身に感じられたと聖書は記しています。群衆でもみくちゃにされている中で、一人の女性が衣の房に触れた瞬間、稲妻がそのエネルギーを一気に放電するように、急激にイエス様の内なる力が、病の女性の体内に流れていったのでしょう。それを感じ、「だれがわたしの着物にさわったのですか」と問われました。当時、長血をわずらっている者は、汚れていると見なされ、それに触れる者も汚れるとされていました(レビ15章19-31節)。ですから女性にとって、このイエス様のことばは、「だれが私に触れ、私を汚したのか」というような響きに聞こえたことでしょう。

apr 6, 2014 – baclofen and baclofen pills to buy buying baclofen online legality cheap baclofen over the counter buy baclofen with paypal uk i want to buy

■    あなたの信仰が、直した…それでその女性は、恐るおそるイエス様の前(当然、群衆の前)に出て、その一切の出来事を告白したのです。ある意味、責められることを覚悟の上の決断でした。しかしイエス様の答えは意外な答えでした。「娘よ。あなたの信仰があなたを直した(救った)のです。安心して帰りなさい。病気にかからず、すこやかでいなさい」。

■    結び…イエス様は、汚れを潔めて下さる方です。汚れている(と思っている)からイエス様に近づかないのではなく、汚れを持ったままイエス様に近づくとき、大いなる恵み(いのちの洗濯)に与らせて頂けます。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ