Posted on 12/18/2011 at 20:04, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『健康と聖書』(2011.12.18)

今日のみことば

イエスがはいって行かれると、村でも町でも部落でも、人々は病人たちを広場に寝かせ、そして、せめて、イエスの着物の端にでもさわらせてくださるようにと願った。そして、さわった人々はみな、いやされた。(マルコ6章56節)

fastest delivery purchasing cialis online, buy cialis online – canadian pharmacy

 

■    はじめに…私の働いている整骨院は、スーパーの中のテナントにあって、スーパーの開店時間と同時の午前10時から始まります。それで毎朝、患者さんたち10人くらいは、開店の30分ほど前からスーパーの入口で並んで待っておられ、私は、その人たちに整理券を配るのが日課になっています。「行列の出来る整骨院」です。ですから私も、心を尽くして患者さんに施術させてもらっています。

buy baclofen 10 in england baclofen 10 best price. nevada usa discount prices | orlistat online without prescription australia fast | cheap furosemide 40 ■    着物の端にでも…イエス様の行かれるところはどこでも、人だかりで、ごった返していました。皆、イエス様に病をいやしてもらいたい一心でした。「着物の端にでもさわれれば…」と、必死の思いでした。医者でも治療家でも、その道を極めている者の手にかかれば、電話口でひと言ふた言、会話しただけで、病がいやされることがあるといいます。イエス様も、まさにそのような方でした。

■    高さと低さ…それは、イエス様が、いつも父なる神に祈り、高い霊性を保ち、低みに立って人々を顧みられた、その実と言えます。(「いとすぎ」の持つ、高さと低さについて)その働きは、ゴルゴタへの道、十字架の死による、罪の贖いへと突き進みました。そのイエス様の働きを、私たちの教会の名である“いとすぎ”は含んでいます。

■    霊的戦いの勝利… buy viagra – order viagra a blue pill viagra is released in the form of soft version and brings less discomfort. it is safe and does not limit a man to food or alcohol. クリスチャンは、そのイエス様の“身代わりの愛”を知っています。苦しく辛い出来事の中に、主が共にいて下さることを知っています。私たち自身には限界があり、不可能なことがあまりにも多くありますが、イエス様は無限で、全能の方です。故に、霊の戦いに絶対的な勝利を収めることが出来るとの確信と平安が、いのちの泉となって、私たちの腹の底から湧き上がって絶えることはありません。

■    結び…今週一週間も、数々の霊的戦いがありますが、主が共にいて勝利に導いて下さることを確信し、平安の中で歩まれるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ