Posted on 01/22/2012 at 06:29, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『介護と霊性』(2012.1.22)

今日のみことば buy baclofen xr australia . baclofen libre. baclofen cash delivery cod buy baclofen online no prescription canadian pharmacy baclofen at lyme regis now buy nov 26, 2014 – buy cheap generic prednisone online without prescription apo prednisone prednisone online kopen buy prednisone online now prednisone 

buy zoloft online without prescription at worldwide drugstore. lowest price and best quality guaranteed! 24h online support, absolute anonymity & fast  イエスは彼らに答えて言われた。「この神殿をこわしてみなさい。わたしは、三日でそれを建てよう。」そこで、ユダヤ人たちは言った。「この神殿は建てるのに四十六年かかりました。あなたはそれを、三日で建てるのですか。」しかし、イエスはご自分のからだの神殿のことを言われたのである。(ヨハネ2章19-21節)                                                                 

■    はじめに…先週のはじめ、義父はアルツハイマーという診断が出ました。その知らせを聞いて一瞬、ショックを受けましたが、傷病名がハッキリしたことで義父の不可解な行動に対して受け入れる心の備えをさせてもらえたと思えば、戸惑いはなくなりました。ある意味、腹をくくって家族で対処できるようになったと思います。

■    知らないもう一人の自分…脳が壊れていく中で、義父は“知らないもう一人の自分”と折り合いをつけようとしています。夜中に叫んだり、トイレでお漏らししたりする自分を、義父は知らないのです。それを知っていて、被害を被っているのは周りの家族だけです。とにかく(家内の)仕事を増やしてくれます。真夜中のトイレ掃除に捜し物、薬の処方に入浴介助に着替えの手伝い…。そのことを「お父さん、知ってる?」と聞くと、「ほう、そうか。ゴメンなさい」と義父。

■    壊れやすさ…ユダヤ人の結婚式の最後、花婿がグラスを踏み砕きます。このことで人生と幸福の壊れやすさを熟考すると言います。さらにそれをエルサレム神殿の破壊の出来事と結びつけて聖性の炎を消そうとする世界の悪の象徴に関連づけると言います。

■    霊的神殿…カナの婚礼で、水をぶどう酒に変える奇跡をなされたイエス様は、その後、宮きよめをされ、詰め寄るユダヤ人たちに対して「神殿を壊してみよ」とおっしゃいました。事実、紀元70年にローマ軍によって神殿は完全に破壊され、現在“嘆きの壁”といわれる西壁の一部が残るだけとなっています。神殿が再建されず、ことごとく破壊されたままになっている霊的な意味は何でしょうか。それは、立派な建物が神殿ではなく、十字架で肉を裂かれ(破壊され)、三日後に復活されたイエス様が霊的な神殿だということです。そこから聖霊が遣わされ、聖霊の宮なる私たちの内側に主が住まわれています。私たちの内側で、主が呻きをもってとりなして下さっています。

■    結び…今週一週間も、恵みと平安で満たして下さる主がたたえられますように。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ