Posted on 02/12/2012 at 06:23, by matsumoto

主日礼拝メッセージ要約『介護と霊性』(2012.2.12)

今日のみことば

buy baclofen online, intrathecal baclofen pump withdrawal, intrathecal baclofen ndc.

主はモーセに仰せられた。「パロの心は強情で、民を行かせることを拒んでいる。」(出エジプト7章14節)                                                                

■    はじめに…先週の礼拝で、わが家に様々なことが折り重なって「もう限界」という、泣き言めいたことをつぶやきました。しかし、それから不思議と、がぜん力が湧いて来て、何かに突き動かされるように(“何か”とは、間違いなくそれは聖霊です!)、ほぼ一週間、毎朝3時すぎに起きて、校正の仕事をひとまず終えることができました。

top quality medications. price of oral prednisone . approved pharmacy, prednisone generic deltasone.

■    具体的な助け…きっと、自分の努力では仕事を終えることはできなかったと思います。厳しい環境の中で、挫折していたことでしょう。しかし、主は素晴らしい哉! 具体的な助けを与えて下さいます。私が毎朝3時に起きられるように①礼拝で力を与え、②家内が起こしてくれ、③父の日課になっている午前3時の『おーい、おしっこ』。今まで睡眠不足の原因になっていた、この父の『おーい、おしっこ』の声が、一番の助けになりました。主は、今ある環境を何も変えずに、もっとも意味あるものに創造されます。

■    希望の種…皆さんの中に、いま自分が置かれている(あるいはかつて置かれていた)環境によって、自分の自由(人生)が制限されている、そう感じておられる方があるかも知れません。しかし主は、その環境の中に、すでに希望の種を蒔いていて下さいます。いまは硬い殻で覆われているその種(環境)も、いずれその殻を破って芽を出します。主は、その殻(頑なさ)にではなく、その中のいのち(自由)に関心を持っておられます。不自由な中に無限の自由を用意して下さっています。そしてその選択の自由は私たちの前に差し出されています。

■    真の報い…パロは、頑なさを選択し続けました。主は選択の自由を奪い取りません。「私は、いのちと死、祝福とのろいを、あなたの前に置く。あなたはいのちを選びなさい」(申30:19)。「よい行いに対する真の報いは、次のよい行いをいっそう容易にすることにあり、罪に対する真の罰は、次もますます同じ罪をあなたに犯させることです」(タルムード)

■    結び… pharmacy rewards & more. dapoxetine purchase in india . dapoxetine is used as a treatment for premature ejaculation. buy dapoxetine online. 新しい週、皆さんお一人ひとり、主が用意して下さっている「いのち」を選び、のびやかに歩めるよう、祝福して祈ります。

You can follow any follow up comments to this entry through the RSS 2.0 feed.

アーカイブ ログイン お問い合わせ